痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

川渡温泉(かわたびおんせん)情報!川渡温泉の効能・泉質、周辺観光地

  • HOME »
  • 川渡温泉(かわたびおんせん)情報!川渡温泉の効能・泉質、周辺観光地
川渡温泉(かわたびおんせん)情報!川渡温泉(かわたびおんせん)の効能・泉質、周辺観光地などをご紹介




■川渡温泉(かわたびおんせん)について
川渡温泉(かわたびおんせん)は、鳴子温泉郷の東に位置し、江合川の畔に湧く豊かな緑とのどかな田園風景に囲まれた閑静な温泉地です。
川渡温泉は脚気によく効くとされ、古くから「脚気川渡」と言われています。
川渡温泉は環境省指定の国民保養温泉地に指定されています。

■川渡温泉の場所
宮城県大崎市

■川渡温泉の泉質
単純温泉、硫黄泉など

■川渡温泉の効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、糖尿病、五十肩、冷え性、疲労回復、慢性婦人病、痔疾など

■川渡温泉の温度
41℃

■川渡温泉の湧出量
毎分約1200リットルの湧出量

■川渡温泉の観光スポット
●鳴子ダム

高さ95m、幅215mの日本で最初に造られたアーチ式のダムで、ダムがすっぽりと山々に覆われているので、新緑、紅葉が湖面に映る景色がとても綺麗です。

●鳴子峡
鳴子温泉郷の「中山平温泉」地区に位置する約2.6kmの峡谷で、さまざまな岩石が屏風のように連なっています。

●鬼首地熱発電所
発電所に隣接した「鬼首展示館 地熱の小さな博物館」では、地熱発電のしくみと発電所を作った電源開発について紹介しています。

●鳴子熱帯植物園
鳴子の豊富な地熱を利用した熱帯植物園で、サボテン、熱帯果実、バナナ、パパイヤ、スイレンなどがあります。

●日本こけし館
深沢・溝口植木コレクション、全国こけし祭り奉納こけし、故名工人の作品、全国の伝統こけし5000本を展示してあります。

■川渡温泉への交通
鉄道・バス:JR川渡温泉駅から宮交大崎バス鳴子温泉行きで5分、川渡温泉下車
車:東北道古川インターから国道47号経由26km



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.