痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

秋保温泉(あきうおんせん)情報!秋保温泉の効能・泉質、周辺観光地

  • HOME »
  • 秋保温泉(あきうおんせん)情報!秋保温泉の効能・泉質、周辺観光地
秋保温泉(あきうおんせん)情報!秋保温泉(あきうおんせん)の効能・泉質、周辺観光地などをご紹介!




■秋保温泉(あきうおんせん)について
秋保温泉(あきうおんせん)は、秋保盆地を流れる名取川の渓畔に位置する温泉地です。
江戸時代には仙台藩主の湯浴み御殿が置かれ、伊達政宗も入浴したと言われています。
秋保温泉は宮城県の鳴子温泉、福島県の飯坂温泉とともに奥州三名湯とされています。
秋保温泉は仙台から車で30分と近いため仙台の奥座敷とも呼ばれています。

■秋保温泉の場所
宮城県仙台市太白区秋保町湯元

■秋保温泉の泉質
ナトリウム・カルシウム-塩化物泉など

■秋保温泉の効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、疲労回復、五十肩、冷え性、胃腸病、腰痛、打ち身、切り傷、やけど、慢性皮ふ病、痔疾、慢性婦人病など

■秋保温泉の温度
28℃~78℃

■秋保温泉の湧出量
毎分約2600リットルの湧出量

■秋保温泉の観光スポット
●秋保大滝

名取川全水量が幅6mの瀑布となって落ち込む豪壮雄大な滝で、那智・華厳と並び日本三名瀑に数えられています。

●二口峡谷
二口温泉から山形県との県境に位置する二口峠まで約8km続く大きな渓谷で、変化に富んだ自然を堪能できます。
奇岩怪石の間を縫うように水が流れています。

●青葉城跡
伊達政宗が築城した仙台城、仙台市街地を一望の城跡伊達政宗の騎馬像が目印です。
青々と茂る樹木や大きな石垣などに城の面影が残り、夜景もきれいなビューポイントです。

●名取川
館下橋から下流部の大倉山の麓近くの羽山橋付近は、隠れたサクラの名所となっています。
川原には、とがった二つの三角の岩があり、風景にアクセントを添えています。

●磐司岩
多数の岩の浸蝕で現われた柱状節理が長さ3キロにわたり連立し、大パノラマは壮大な造形美が観るものを圧倒します。

●磊々峡(らいらいきょう)
秋保温泉の入り口にあり、覗橋の下流の峡谷沿いには遊歩道が整備され、「八間巌」「天斧巌」「奇面巌」などの奇勝や「時雨滝」「三筋滝」などが織り成す峡谷美を間近で楽しむことができます。

■秋保温泉への交通
鉄道・バス:JR仙台駅から宮城交通バス秋保温泉行きで約55分、秋保温泉湯元
車:東北道仙台南インターから国道286号、県道62号経由10km



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.