痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

大沢温泉(おおさわおんせん)情報!大沢温泉の効能・泉質、周辺観光地

  • HOME »
  • 大沢温泉(おおさわおんせん)情報!大沢温泉の効能・泉質、周辺観光地
大沢温泉(おおさわおんせん)情報!大沢温泉(おおさわおんせん)の効能・泉質、周辺観光地などをご紹介!




■大沢温泉(おおさわおんせん)について
大沢温泉(おおさわおんせん)は、豊沢川の両岸に位置する花巻温泉郷の一つの温泉地です。
大沢温泉は、宮沢賢治や高村光太郎などの文人が愛した温泉地としても知られています。
一軒宿の大沢温泉があり、新館の「山水閣」、南部藩主の定宿であった「菊水館」、湯治場の「自炊部」があります。
宮沢賢治は農学校の教員時代に生徒と訪れ、高村光太郎は大沢温泉を「本当の温泉の味がする」と評したとされています。

■大沢温泉の場所
岩手県花巻市

■大沢温泉の泉質
アルカリ性単純泉

■大沢温泉の効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、慢性消化器病、五十肩、打ち身、痔疾、冷え性、疲労回復など

■大沢温泉の温度
51℃

■大沢温泉の湧出量
毎分600リットルの湧出量

■大沢温泉の観光スポット
●ぎんどろ公園

宮沢賢治が教鞭をとっていたころの花巻農学校の跡地にある公園です。
風の又三郎の黒御影石の彫刻があり、宮沢賢治が好きだったぎんどろの木が植えられています。

●宮沢賢治記念館
宮沢賢治の散策の地で、宮沢賢治の思想と多彩な活動を7部門にわけて視聴覚的に再現しています。

●高村光太郎記念館
高村光太郎の遺稿や愛用の万年筆、彫刻作品、妻智恵子の切り絵などを展示されています。
高村光太郎が7年間独居自炊の創作活動を続けた高村山荘が当時のまま保存されています。

■大沢温泉への交通
鉄道・バス:東北本線花巻駅から岩手県交通バス新鉛温泉行きで約26分、大沢温泉バス停下車
車:東北自動車道花巻南インターから約15分



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.