痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

馬門温泉(まかどおんせん)情報!馬門温泉の効能・泉質、周辺観光地

  • HOME »
  • 馬門温泉(まかどおんせん)情報!馬門温泉の効能・泉質、周辺観光地
馬門温泉(まかどおんせん)情報!馬門温泉の効能・泉質、周辺観光地などをご紹介!




■馬門温泉(まかどおんせん)について
馬門温泉(まかどおんせん)は、青森県東部上北郡野辺地町にある温泉地です。
宿泊施設は、まかど温泉富士屋ホテルが1軒あります。
馬門温泉(まかどおんせん)には、源義経が馬門温泉に入浴したとの伝説があります。
馬門地区は、幕末の戊辰戦争では津軽南部両藩による野辺地戦争の舞台にもなっています。
周辺の馬門地区はホタテの養殖が盛んで、国道4号沿いにはホタテの直販店が軒を並べています。

■馬門温泉の場所
青森県上北郡野辺地町

■馬門温泉の泉質
カルシウム – 硫酸塩泉

■馬門温泉の効能
神経痛、関節痛、筋肉痛など

■馬門温泉の温度
37℃

■馬門温泉の湧出量
-の湧出量

■馬門温泉の観光スポット
●常夜燈

盛岡藩の日本海航路への窓口として賑わった野辺地湊へ夜間入港する船への目印として灯されていました。
町指定史跡とされています。

●尾駮沼
太平洋とつながり海水が流入する汽水湖で、ニシンが獲れる湖です。
日本野鳥の会が指定する、渡り鳥の指定観測地ともなっています。

●菜の花畑
菜の花の作付面積が日本有数で、約103haの菜の花畑が広がっています。
5月には菜の花フェスティバルも開催され、菜の花大迷路やヘリコプター遊覧などでその美しい景色を楽しめます。

●まかど温泉スキー場
山と海に恵まれた野辺地町にある国設のスキー場です。
下北半島と津軽半島の間に位置し、陸奥湾を望むダイナミックな景観です。

■馬門温泉への交通
鉄道・バス: 野辺地駅前より十和田観光電鉄バスまかど温泉行で約22分。
車:青森自動車道青森東インターから国道4号にて約40分。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.