痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

花粉症(かふんしょう)について!原因、症状、予防法、治療法

  • HOME »
  • 花粉症(かふんしょう)について!原因、症状、予防法、治療法
花粉症とは、樹木や草木の花粉がアレルゲンとなり、くしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状が現れる病気です。

スポンサーリンク


■花粉症(かふんしょう)について

花粉症(かふんしょう)とは、花粉がアレルゲンとなって起こるアレルギー性鼻炎をいいます。
アレルギー性鼻炎を起こす原因には様々なものがありますが、花粉症の中ではスギ花粉が最も多いとされています。

スギ花粉は2月頃から4月頃まで多く飛びます。
その他にもヒノキやマツなどの樹木の花粉、草木の花粉がアレルゲンとなって花粉症を発症することもあります。

一般的に春先にかけてはスギ花粉が飛び、春にはカモガヤやオオアワガエリなどのイネ科の植物の花粉が飛び、秋にはヨモギやブタクサなどのキク科の花粉が飛びます。

■花粉症の原因

体に花粉が入ってくると異物と判断して、花粉に抵抗する抗体が作られます。
いちど抗体が作られると体が覚えて、再び花粉が入ってくたときに抗体が反応して、肥満細胞から出る化学物質がアレルギー反応を引き起こします。
花粉の情報に注意しながら、多い場所は控えるなどして浴びないように気を付けることが大切です。

●花粉症を引き起こすアレルゲン
春期:スギ、マツ、ヒノキ、サワラ、コナラ、クヌギ、イチョウなど
初夏~夏期:カモガヤ、オオアワガエリ、ガマ、イネなど
夏~秋期:ブタクサ、ヨモギ、ススキ、トウモロコシなど

スポンサーリンク

■花粉症の症状

花粉症の症状としては、くしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状が多く現れ、顔や首の皮膚、外耳道にもかゆみの症状があらわれることもあります。
目に花粉が入るとアレルギー性結膜炎が起こり、目が涙目になります。
その他にも花粉症の症状には、体のだるさ、頭痛、微熱、のどの違和感、乾いた咳、嗅覚障害などが起こります。

■日常での花粉症予防策

・花粉が飛びそうなときは窓を開けない
・洋服や帽子は、かふんが付きにくい素材のものにする
・髪や顔など花粉が付いているところは洗い流す
・帰宅したら外でかふんを出来る限り落としてから家に入る
・外出するときはメガネやマスクなどをする
・花粉をつけている木や草のある場所は避けるようにする
・飛ぶ季節は布団や洗濯物を外に干さないようにする
・多い日の外出はできるだけ控えるようにする

■花粉症の治療法

花粉症の治療法としては、抗アレルギー剤の内服薬、鼻噴霧薬、点鼻薬などによる治療が基本となります。
花粉が飛び始める前から抗アレルギー剤を服用すると花粉症の症状が軽くなるとも言われています。
花粉症のアレルゲンが分かっている場合は、そのアレルゲンを取り除き発症を予防します。
減感作療法(げんかんさりょうほう)で、アレルゲンに対する耐性を作り花粉症の発作を予防する治療法もあります。
減感作療法では、発作が起こらない程度のアレルゲンを注射して、しだいに濃度と量を増やして繰り返し注射していきます。
花粉症で悩んだら耳鼻咽喉科を受診して相談しましょう。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.