痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

血管運動性鼻炎について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 血管運動性鼻炎について!原因、症状、治療法
血管運動性鼻炎は、カゼを起こしているわけでもないのに鼻づまり、くしゃみ、鼻汁が現れる病気です。

スポンサーリンク


■血管運動性鼻炎について

血管運動性鼻炎とは、カゼを起こしているわけでもないのに鼻づまり、くしゃみ、鼻汁が現れます。
アレルギー性鼻炎と同じ症状なのでアレルギー検査を行いますが、検査をしても陰性で抗原の特定もできません。

■血管運動性鼻炎の原因

血管運動性鼻炎の原因としては、鼻粘膜の自律神経異常が関係しているのではないかと考えられてますが、原因が不明のことが多く、発症メカニズムもはっきりとは分かっていません。
血管運動性鼻炎では、くしゃみよりも頑固な鼻水や鼻づまりが現れることが多いため、副交感神経の機能が高まっているときに起こりやすいとされています。

■血管運動性鼻炎の症状

血管運動性鼻炎の症状は、アレルギー性鼻炎と同じで鼻づまり、くしゃみ、鼻汁が現れます。
ちょっとした刺激にも鼻粘膜が反応してしまい、ホコリ、花粉には敏感に反応し、朝晩の気温差、精神的なストレスなどでも刺激となり症状が現れます。

■血管運動性鼻炎の治療

血管運動性鼻炎の治療としては、アレルギー性鼻炎と同じように抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬を使用します。
場合によっては、鼻粘膜につながる副交感神経を遮断する手術が行われることもあります。
内視鏡を使った手術で一種間ほど入院して治療します。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.