痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

鼻ポリープ(鼻茸)と慢性副鼻腔炎について

  • HOME »
  • 鼻ポリープ(鼻茸)と慢性副鼻腔炎について

■鼻ポリープ(鼻茸)と慢性副鼻腔炎!

慢性副鼻腔炎になると鼻ポリープ(鼻茸)が出来る人もいます。
鼻ポリープは基本的に良性でガンになることはありません。
鼻ポリープは1個の場合もあれば20個ぐらい出来ることもあります。
鼻ポリープは大きくなっていくため、数が増えたり大きくなることで鼻づまりの原因になります。
そのため鼻ポリープが出来ると鼻汁、嗅覚障害、頭痛、頭重感などの症状が現れることもあります。
鼻ポリープが出来る原因ははっきりとは分かっていませんが、様々な因子が関係しているとされています。
副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎、気管支喘息との合併症が多いことから、感染とアレルギーが関わっていると考えられています。
鼻ポリープの治療には感染とアレルギーに関わる病気の治療も必要と考えられます。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.