痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

気管支喘息による慢性副鼻腔炎について

  • HOME »
  • 気管支喘息による慢性副鼻腔炎について

■気管支喘息による慢性副鼻腔炎!

慢性副鼻腔炎は、気管支喘息、アスピリン喘息、副鼻腔気管支症候群により起こることもあります。
気管支喘息は、気管支がアレルギーなどにより炎症を起こして過敏になり、何らかの刺激で腫れたり痰が出たりして気管支が狭くなり呼吸が苦しくなる病気です。
アスピリン喘息は、非ステロイド性抗炎症剤や解熱鎮痛剤によって誘発される喘息です。
またアスピリンと同じような作用がある薬剤でも起こり、解熱薬、頭痛薬、カゼ薬、坐薬、食品に含まれる化学物質が原因になることもあります。
副鼻腔気管支症候群は、慢性副鼻腔炎に慢性気管支を合併した場合に起こります。
咳、痰、呼吸困難などの呼吸器疾患、膿性鼻汁などの症状が一緒に現れます。
免疫力の低下や気道感染防御機能の低下があり、慢性の細菌感染を起こして鼻と気管支の両方に様々な症状が現れます。
気管支喘息による慢性副鼻腔炎では、鼻炎が先に起こって数年後に喘息が起こることが多く、慢性副鼻腔炎の鼻の症状が起こります。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.