痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

鼻炎(びえん)について!感染性の鼻炎

  • HOME »
  • 鼻炎(びえん)について!感染性の鼻炎
鼻炎は鼻の粘膜の炎症をいいます。 症状には、鼻づまり、鼻水、くしゃみなどがあります。

スポンサーリンク


■鼻炎(びえん)について

鼻の病気の代表でもある鼻炎(びえん)は鼻粘膜の炎症のことをいいます。
症状としては、鼻づまり、鼻水、くしゃみなどがあります。
このような症状が続くと、日常生活に支障をきたすのが病気の特徴でもあります。

■感染性の鼻炎

感染性の鼻炎で代表的なものが、急性鼻炎(きゅうせいびえん)と慢性鼻炎(まんせいびえん)です。
原因はウイルスや細菌などの病原微生物になります。
ウイルスに感染したり、疲れにより抵抗力が弱くなって細菌が感染して起こることもあります。
感染性の鼻炎の症状としては、鼻づまり、鼻汁、頭痛、頭重感などがあります。

■アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎には、一年中症状が続く通年性アレルギー性鼻炎と、特定の季節に症状が現れる季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)があります。
アレルギー反応のもとになるものをアレルゲン(抗体)といい、アレルギー性はアレルゲンが病気を引き起こす原因となります。
アレルゲンには、ハウスダスト、ダニ、花粉症などがあります。
スギ花粉は春の初め頃に多く飛散し、アレルギー性の原因となっています。
アレルギー性鼻炎では、においがよくわからなくなる嗅覚障害が多く起こります。
通年性アレルギー性鼻炎は大人よりも子供に多く発症し、時に男性に多く起こっています。

■血管運動性鼻炎

血管運動性とは、カゼを起こしているわけでもないのに鼻づまり、くしゃみ、鼻汁が現れる鼻炎をいいます。
アレルギー性と同じ症状なのでアレルギー検査を行いますが、検査をしても陰性で抗原の特定もできません

■刺激により起こる鼻炎

刺激性の強い食べ物、熱い食べ物、スキー場で冷たい空気を吸い込んだ時にも鼻水が出て、鼻炎のような症状が現れます。

■薬による鼻炎

降圧剤、気管支拡張薬、抗鬱薬剤、避妊薬の使用でも鼻炎が起こることがあります。
薬剤性鼻炎で多いのが、鼻づまり改善のために血管収縮薬の乱用による鼻炎です。

■その他の鼻炎

ホルモンの異常、妊娠、心身症などが関係して鼻炎が起こることもあります。
汚れた空気を吸い続けたために起こる、刺激性のものもあります。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.