痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

リウマチ性脊椎炎について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • リウマチ性脊椎炎について!原因、症状、治療法
リウマチ性脊椎炎は関節リウマチが進行して脊椎で起こる病気。リウマチ性脊椎炎は自分の体の組織を外敵とみなして攻撃してしまう病です。

スポンサーリンク


■リウマチ性脊椎炎について

リウマチ性脊椎炎とは、関節リウマチが進行して脊椎で起こる病気です。
関節リウマチは自己免疫疾患の一つで、女性の患者が多いです。
自己免疫疾患は免疫機能の異常で自分の体の組織を外敵とみなして攻撃してしまう病です。
関節リウマチは、関節の滑膜が攻撃されて炎症が起こり、関節が破壊されていきます。
滑膜は、関節を包んでいる関節包の内側にある膜で、関節液を作り関節がなめらかに動くようにしくれています。
炎症は手指の関節から始まっていき、進行して全身の関節に及んでいきます。
この炎症が脊椎に起こるとリウマチ性脊椎炎になります。
リウマチ性脊椎炎は関節リウマチが進行した人に起こりやすくなります。

■リウマチ性脊椎炎は頚椎上部に起こる

関節リウマチには破壊関節が少ない単関節型、破壊関節が多い多関節型、手湯などの骨が破壊されやすく軟部組織が傷むムチランス型に分けられます。
リウマチ性脊椎炎は多関節型とムチランス型の人に起こりやすく、脊椎の中でも頚椎上部に起こります。
頚椎椎間関節は滑膜関節で、環軸関節にこの最も強く現れます。
環軸関節は第1頚椎と第2頚椎から成る一番上の関節で、頭部を支える重要な部分になります。
リウマチ性脊椎炎により炎症が起こると、環軸関節を取り巻く関節包がゆるんだり、周辺の骨が破壊されたりつぶれたりします。
問題は、環椎支える軸椎の突起が細くなったり折れたりして環椎が前方や後方へずれて亜脱臼が生じることです。
炎症が進行して滑膜が増殖すると腫れて大きくなってしまい、脊髄を圧迫してしまうこともあります。

■リウマチ性脊椎炎の症状

・首や後頭部が傷む
・首がまわらない
・めまい
・舌のもつれ
・飲み込みにくい
・頭痛
・顔半分がしびれる
・呼吸が苦しい(延髄圧迫)
・胸がドキドキする(延髄圧迫)
・手のしびれ、こわばり(脊髄圧迫)
・脚のしびれ、歩行障害(脊髄圧迫)

リウマチ性脊椎炎の症状としては、頚椎が障害されると首から後頭部にかけて鈍い痛みが起きたり、運動制限が現れたりします。
初めのころは疲れたときに起こりますが、進行すると常に傷みが生じるようになります。
首を前後に傾けたり回したりすると痛みが強くなり、除々に動かしずらくなっていきます。
頚椎の亜脱臼や骨の破壊で骨がずれたり滑膜が増殖したりすると、脊髄の圧迫により手足のしびれ、こわばり、歩行障害、手指の細かい作業が出来ないなどの症状が引き起こされます。
頚椎上部に炎症が起こると下位脳神経や延髄に影響が及び、めまい、舌のもつれなどの症状が現れます。
延髄は呼吸や心拍などの生命維持に重要な働きをしています。
延髄が麻痺すると呼吸が苦しい、心臓がドキドキするという症状がでることもあり、緊急の手術が必要な場合もあります。
ずれた頚椎により椎骨脳低動脈が圧迫されると、めまい、立ちくらみなどの症状が現れ、椎骨脳低動脈不全を起こすこともあります。

スポンサーリンク

■リウマチ性脊椎炎の日常での注意点

日常生活では転倒や頭をぶつけたりしなうように注意しましょう。
急激に首を動かしたり、首を強い力で押したりしないようにしましょう。

■リウマチ性脊椎炎の診断

リウマチ性脊椎炎の疑いがある人は、長期間にわたり経過観察します。
X線検査を行い、亜脱臼などの異常が見られた場合はさらに詳しい検査を行います。
MRI検査で神経、脊髄、延髄の圧迫を調べ、CT検査で頚椎の骨破壊を調べます。

■リウマチ性脊椎炎の治療法

リウマチ性脊椎炎の治療法としては、症状が後頭部だけの場合は保存療法で様子をみます。
脊髄や延髄の圧迫症状が現れた場合は、手術療法を検討します。
保存療法では薬物療法が中心になります。

●薬物療法
非ステロイド性消炎鎮痛薬やステロイド薬などで痛み、腫れ、炎症を抑えます。
抗リウマチ薬を併用して関節リウマチの進行も抑えます。

●ブロック療法
腫れや痛みが強いときはブロック療法でステロイド薬を注射します。

●装具療法
頚椎カラーを使用し頚椎にかかる負担を軽減します。

●牽引療法
牽引療法では、頚椎のズレや神経の圧迫を改善し痛みをやわらげます。

■リウマチ性脊椎炎の手術療法

保存療法を行っても改善の効果が期待できない場合は手術療法を行います。
延髄の圧迫は命の危険もあるため緊急に手術が必要になります。
手術は除圧・脊椎固定術により、脊髄や延髄の圧迫している骨の位置を整復して固定します。
頚椎が前後にズレているときは、整復してワイヤーやボルトで固定します。
頚椎が左右にズレているときは後頭部と頚椎を太いボルトで固定します。
手術後は首が動かなくなって動きが制限されますが、麻痺や痛みが改善されます。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.