痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

むち打ち症・頚椎捻挫について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • むち打ち症・頚椎捻挫について!原因、症状、治療法
むち打ち症・頚椎捻挫は交通事故やスポーツなどの衝撃により首に痛みが起こる病気です。

スポンサーリンク


■むち打ち症・頚椎捻挫(けいついねんざ)について

むち打ち症・頚椎捻挫(けいついねんざ)は、交通事故やスポーツなどで首の骨に衝撃を受けたときに起こる病気です。
むち打ち症・頚椎捻挫は自動車事故による外傷でよくみられます。
自動車で後ろから追突される瞬間に首は強く後ろに反って、次いで前屈するように振られてしまいます。
自分が自動車で追突すると首が強く前屈します。
この衝撃により首に痛みが起こるのが、むち打ち症・頚椎捻挫です。
むち打ち症は、骨・椎間板・靱帯には損傷が見当たらなく、検査でも神経障害がみられないものをいいます。
損傷がある場合は頚椎脱臼や頚椎骨折などの頚椎損傷になります。

■むち打ち症・頚椎捻挫の要因

・交通事故に遭った
・ぶつかり合うスポーツをしている
・頭を強く打った

■むち打ち症・頚椎捻挫の症状

むち打ち症・頚椎捻挫の症状は、事故直後に現れることがあれば、翌日に現れることもあります。
多くが筋肉のみが損傷しているだけですが、まれに靱帯や椎間板に損傷が起こることもあります。
むち打ち症・頚椎捻挫の症状としては、肩こり、首が動かしずらい、動かすと痛みが生じるなどの症状が数時間から1日後に起こります。
損傷がひどい場合は事故直後から激しい痛みが起こり、後頭部・肩・腕にも痛みが広がることもあります。
痛みが治まっても頭痛、吐き気、耳鳴り、倦怠感などが起こることもあります。
脊髄に損傷があると足にまで知覚障害が起こり、歩行障害、排尿障害におちいることもあります。
痛みが軽度であっても医師の診察を受けるようにしましょう。
事故による心理的な要因が関係して、損傷がないのに首の痛みや頭痛などの症状が続く場合もあります。

■むち打ち症・頚椎捻挫の治療法

急性期には頚椎カラーを装用して首の保護と安静を保ちます。
寝るときは横向きの姿勢をとると負担が少なく楽になります。
痛みが強いときは非ステロイド性消炎鎮痛薬を用います。
むち打ち症・頚椎捻挫は1~2日経つとたいてい痛みが引いてくるので、そうなったら温熱療法で患部を温めるとよいです。
急性の痛みが治まってきたら温熱療法、運動療法、牽引療法などを行い治療します。
頚椎カラーも装着時間を減らして短くしていきましょう。
軽度から中度のむち打ち症・頚椎捻挫であれば、安静にしていれば2~3週間で改善します。
症状が続くときは精密検査を行います。
しびれや麻痺などの神経症状が現れた場合は検査を受ける必要があります。
痛みが軽減されてきたら首の筋力アップをはかり、首を支える筋肉を鍛えましょう。
むち打ち症・頚椎捻挫で傷めた部分を補強するためには筋力アップが大切になります。

■筋力アップ法

頭を手で抑えて、手を押し返すように力を入れます。
前後左右とも均等に行います。
むち打ち症・頚椎捻挫のリハビリテーションや脊髄症や神経障害の保存療法としても効果的です。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.