痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

首の痛み改善!首の病気の原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 首の痛み改善!首の病気の原因、症状、治療法
肩や首には常に負担がかかっていて、立ったり座ったりするだけでも負担がかかります。
頚椎は7個の椎骨と椎間板からなり、それぞれが負担を受け止めることで激しい動きを可能としています。
頚椎の動きを主に支えている首周辺の筋肉です。

スポンサーリンク


■ 首の痛み、首の病気の原因、症状、治療法を症状を紹介します

■変形性頚椎症(へんけいせいけいついしょう)について
■むち打ち症・頚椎捻挫(けいついねんざ)について
■頚椎椎間板ヘルニアについて
■後縦靱帯骨化症(こうじゅうじんたいこつかしょう)について
■リウマチ性脊椎炎について
■破壊性脊椎炎について
■バレリュー症候群について!むち打ち症後の不定愁訴などです
■ 頚部脊髄症(けいぶせきずいしょう)
■ 頸椎症性脊髄症(けいついしょうせいせきずいしょう)

■ 首の痛みを予防解消するため方法を紹介します!

■首のストレッチ、首のトレーニング負担を軽減しましょう
■温熱療法!患部を温めて筋肉の収縮を緩め血行をよくします
■装具療法!頚椎カラーで首の動きを制限し、局所の安静を保つ
■薬物療法!頚椎症の痛みが強いときに行われます

■ 首に関係の深い「肩の病気」の原因、症状、治療法を紹介します

■五十肩について(肩関節周囲炎)
■胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)について
■頚肩腕症候群(けいけんわんしょうこうぐん)について

首は可動域が大きい部分でもあり、前に60度、後ろと左右に約50度倒すことができ、振り向くときは約60度もねじることが可能です。
人間の頭部には目・耳などの情報収集器官があり、それらの器官を様々な方向に向けることで外部からの情報を収集し、危険を素早く察知するために可動域が大きいといされています。
その大きな動きを可能としているのが頚椎の働きです。

変形性頚椎症は首の骨の変形や椎間板の変性により痛みが起こる病気です。
むち打ち症・頚椎捻挫は交通事故などの衝撃により首に痛みが起こる病気です。
頚椎椎間板ヘルニアとは、頚椎の椎間板にヘルニアが起こる病気です。
後縦靱帯骨化症は、頚椎を支える靱帯が骨のように固く厚くなって骨化して神経障害を起こす病気。
リウマチ性脊椎炎は関節リウマチが進行して脊椎で起こる病気。
破壊性脊椎炎は背骨に異常タンパクが沈着し骨形成に異常が起こり、骨や軟骨が破壊される病気。
バレリュー症候群はむち打ち症で自律神経が影響を受けたときに起こる症状。

頚椎の1番上から4番目の頚椎から出ている神経に異常があると、筋肉が緊張して血流が悪くなり肩こりが起こります。

5番目の神経は肩甲骨の上にあり、ここが悪くなるとすぐに肩こりが起こります。

6番目・7番目・8番目の神経に異常があると指や手にしびれが生じ、指や手の異常が肩甲骨に及び肩こりが起こります。

肩や首には常に負担がかかっていて、立ったり座ったりするだけでも負担がかかります。

そのため首や肩のこりには休息が大切になります。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

最新健康情報

PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.