痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

舌痛症について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 舌痛症について!原因、症状、治療法
舌痛症(ぜっつうしょう)は、舌先がぴりぴりしたり、舌がひりひりして痛みが起こる病気です。

スポンサーリンク


■舌痛症(ぜっつうしょう)の症状

舌痛症(ぜっつうしょう)とは、なんとなく舌先がぴりぴりしたり、舌がやけどをしたようにひりひりして痛みが起こる病です。

■舌痛症の原因

舌痛症の原因としては、ホルモンのアンバランスや自律神経の変調が考えられます。
痛みを感じる部分は舌の先や舌の縁の両側が多いですが、舌の表面に異常がないのが特徴です。
食事中や会話中には痛みを感じなくなったり、軽くなったりします。
舌痛症は心理的な原因で起きるものと、病などにより起こるタイプの2つのタイプに分けることができます。

■心理的な要因で起こる舌痛症

舌痛症は一般的にこのタイプを舌痛症をいいます。
まだ原因がよくわかっていませんが、心理的な要因が関係していると考えられています。
神経質で几帳面な性格の人に発症しやすいとといわれています。
食事中や会話中には痛みを感じなくなったり、和らいだりします。
舌のことを気にし過ぎると痛みが強くなる傾向があります。

●うつ病による舌痛症
気分の悪化とともに口の乾き、味覚障害、口の痛みなどの症状が起こります。

●心気症による舌痛症
舌には異常がみつかりませんが痛みを感じます。
何かに熱中したりすると舌の痛みを忘れるという特徴があります。

●妄想性障害による舌痛症
舌癌にかかっているという妄想で痛みを感じてしまいます。

●心因性疼痛による舌痛症
原因の分からない痛みが半年以上続きます。

■病などが原因で起こる舌痛症

様々な原因で舌痛症に似た症状が起こります。
ビタミン欠乏、貧血、糖尿病、亜鉛の欠乏、感染症(カンジダ症)、高血圧、低血圧、動脈硬化、薬剤の副作用、口腔乾燥症、虫歯、歯周病、口内炎、ハンター舌炎、潰瘍、舌癌などが原因として舌に痛みが起こります。
入れ歯などが合わなかったり、虫歯や歯の尖った部分で傷ついて痛みを感じることもあります。

■舌痛症の治療法

舌痛症の治療法としては、病などが原因となって起こっている場合は、内科や耳鼻科でそれぞれの治療を行います。
心理的な要因で舌痛症が起こっている場合は、抗うつ剤の処方や、精神科での治療になります。
虫歯や歯の尖った部分が原因となって痛みが起こっている場合は、その原因の治療を行います。
舌痛症は神経質な人や几帳面な人に起こりやすいので、ビタミンb1やビタミンb12を補給すると症状の改善が期待できます。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.