痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

前立腺癌(ぜんりつせんがん)について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 前立腺癌(ぜんりつせんがん)について!原因、症状、治療法
前立腺癌(ぜんりつせんがん)は前立腺の外側の外腺に出来る癌で、前立腺癌の細胞の増殖は男性ホルモンが深く関わっています。

スポンサーリンク


■前立腺癌(ぜんりつせんがん)について

前立腺癌(ぜんりつせんがん)とは、前立腺の外側の外腺に出来る癌です。
前立腺癌の細胞の増殖は男性ホルモンが深く関わっています。
高齢者に多く発症し、60歳位から見られ70代がピークになります。
前立腺癌は、進行がゆっくりであるという特徴があり、場合によっては気付かないうちに他の病気で亡くなってしまうこともあるほどです。
前立腺癌の特徴としては、骨へ転移しやすいことがあります。
前立腺癌の転移には、リンパ節に広がるリンパ行性転移、血液中に癌細胞が入り広がる血行性転移がります。
リンパ行性転移では、前立腺周辺のリンパ管内に癌細胞が入り込み、骨盤リンパ節へ転移します。
血行性転移では、椎骨の静脈から骨に転移し、骨盤、下部腰椎、大腿骨で多く発症します。

■前立腺癌(ぜんりつせんがん)の特徴

・男性ホルモンの影響を受ける
・高齢者に多く発症
・進行がゆっくりである
・初期では無症状である
・骨やリンパ節に転移する
・骨を形成して硬くなる造骨性転移が多い

■前立腺癌(ぜんりつせんがん)の症状

前立腺癌の症状としては、初期では無症状であるため発見が難しいことがあります。
進行して排尿障害などで気付く場合が多いです。
前立腺癌が進行すると、前立腺が大きくなり尿道を圧迫したりして様々な排尿障害が現れます。

●前立腺癌が進行して現れる症状
・夜間頻尿:夜中にトイレに何度も行く
・尿腺最小:尿腺が細くなり放物線を描いて飛ばない
・排尿遅延:排尿し終わるまでに時間がかかる
・尿腺途絶:途中で止まり、いきまないと続けられない
・血尿:尿に血が混じる
・血精液症:精液に血が混じる
・尿閉:強い尿意があるのに尿が出ない
・残尿感
・尿失禁

スポンサーリンク

■前立腺癌(ぜんりつせんがん)が転移した場合の症状

前立腺癌が骨盤や腰椎などに転移した場合の症状としては、背中の痛みや足のしびれなどが起こります。
脊髄神経を圧迫することで痛みが起こります。
前立腺癌がリンパ節に転移すると、リンパ液の流れが滞り、足、陰嚢、下腹部にむくみが起こることもあります。
腎臓から膀胱へ尿を送る尿管が癌に侵されると水腎症が起こり腎臓の働きが低下することもあります。
症状が現れて医療機関を受診するころには、8割ちかくも癌が進行していたり転移している状態になっています。

●前立腺癌が転移して現れる症状
・背骨や腰の痛み
・足のしびれ
・足、陰嚢、下腹部のむくみ

■前立腺癌(ぜんりつせんがん)の原因

●加齢(前立腺癌の原因)
前立腺癌の危険因子としては、加齢、遺伝的要因、生活習慣などが考えられます。
前立腺癌は加齢とともに発症率が急上昇します。
60歳から増加し始めて70歳以上が最も多くなります。
50歳を過ぎたら症状が無くとも検診を受けることが大切です。

●遺伝(前立腺癌の原因)
家族に前立腺癌なった人がいると、前立腺癌の危険性が倍になると言われています。
家族制の前立腺癌は40代くらいから発症することもあります。
40代でも心当たりがあれば検診を受けることが大切になります。

●生活習慣(前立腺癌の原因)
動物性脂肪の過剰摂取は、前立腺癌の発症リスクが上がるとされています。
牛肉、ミルク、チーズ、卵など高脂肪食品を取り過ぎている人は食生活を見直すことも大切です。
緑黄色野菜が不足していると前立腺癌の危険因子となります。
味噌、納豆、豆腐などの大豆製品には、前立腺癌を抑制する効果があると言われています。

■前立腺癌(ぜんりつせんがん)の診断

前立腺癌の診断は、PSA検査、問診、I-PSS、尿検査、尿流量測定検査、残尿検査、尿細胞診などを行い診断します。

■前立腺癌(ぜんりつせんがん)の治療法

前立腺癌の治療法は多岐にわたるため、進行度に合った方法を選択して治療を行います。
病期、悪性度、患者さんの仕事の内容や状況、年齢、体力、病歴などを考慮して治療法を決めていきます。
もし主治医の診断や治療方針、説明で納得できないときは、セカンドオピニオンを活用するのも一つの方法です。

前立腺癌(ぜんりつせんがん)の治療法としては、手術療法放射線療法内分泌療法化学療法、待機療法、超音波療法などがあります。
手術療法には、前立腺全摘除術、腹腔鏡下(内視鏡)前立腺全摘除術があります。
放射線療法には、外部照射療法と内部照射療法があります。
外部照射療法には、X線による2次元照射、3D-CRT(3次元原体照射法)、IMRT(強度変調放射線療法)、陽子線療法、重粒子線療法があります。
内部照射療法には、小線源療法とHDR(高線量率内部照射法)があります。
内分泌療法には、LH-RHアゴニスト、MAB(CAB)療法、抗アンドロゲン薬、間欠療法、アジュバンド療法とネオアジュバンド療法があります。
化学療法には、抗癌剤治療があります。
待機療法には、無治療PAS監視療法があります。
超音波療法には、HIFU(高密度焦点式超音波療法)があります。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.