痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

前立腺生検について

  • HOME »
  • 前立腺生検について
前立腺生検は細胞を切り取り顕微鏡で調べる検査。

■前立腺生検

前立腺生検とは、癌細胞を切り取り顕微鏡で調べる検査です。
PSA検査など一連の検査で癌の可能性が出たときは前立腺生検を行います。
生検とは生体検査の略で、細胞を少し切除して顕微鏡で癌細胞の有無や悪性度などを検査します。
癌の確定診断の際に重要な検査になります。
前立腺生検では、肛門から超音波検査ができるプローブを挿入し、モニターで前立腺癌をを見ながらバイオプティガンという自動生検装置で直腸内腔か会陰から前立腺に針刺します。
直腸には痛みを感じる神経がないので、直腸側から刺す場合は痛みが少ないそうです。
前立腺の組織を10ヵ所前後刺し採取します。
生検により、癌の有無、癌の広がり、癌の悪性度、遺伝情報まどを調べます。
前立腺生検を行う前は、絶食して直腸の中を空にしておきます。
前立腺生検後は約3日間ほど抗生物質を服用して感染症の予防を行います。
検査後約1週間は前立腺を刺激しないようにします。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.