痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

椅子で行う腰痛体操

  • HOME »
  • 椅子で行う腰痛体操
椅子で行う腰痛体操をご紹介いたします。椅子に座りながら手軽にできます。

スポンサーリンク


椅子で行う腰痛体操1
椅子で行う腰痛体操1
椅子に浅く座り、片方のひざを両手で抱え、
脇の下まで引き寄せ10秒ほど止める。
これを交互左右行います。
腰椎が緩み、股関節が柔らかくなります。
背筋を伸ばしておこなうようにします。
椅子で行う腰痛体操2
椅子で行う腰痛体操2
椅子に浅く座り、片足を前に伸ばし、
足先を手前に引き付けます。
その状態で5秒ほど止める。
これを交互左右行います。
膝の屈筋とふくらはぎが伸びます。
椅子で行う腰痛体操3
椅子で行う腰痛体操3
椅子に浅く座り、
両手で後から腰を押します。
無理をしない程度に胸を張り
背中を反らして数秒間止める。
数秒休んでまた繰り返します。
大胸筋と腹筋が伸びます。
椅子で行う腰痛体操4
椅子で行う腰痛体操4
両足を軽く開き、両手でお腹を押さえて
へその辺りを見るように頭を下げる。
お腹を引っ込め、
お尻を引き締めて数秒間止めます。
数秒休んでまた繰り返しす。
腹筋とお尻の筋肉がアップし背筋が伸びます。
椅子で行う腰痛体操5
椅子で行う腰痛体操5
椅子に浅く座り、足を広めに開きます。
両腕を組んで、
息を吐きながら上半身を前に倒して背中を丸め、
両ヒザの間に頭を沈める。
数秒間止めた後息を吸いながら上体を起こし元に戻ります。
背筋が伸びて、腰椎の緊張が緩みます。
椅子で行う腰痛体操6
椅子で行う腰痛体操6
あぐらを組むように右足を持ち上げて、
左ももの上に置いて、
さらに両手で手前上に引き上げて数秒間停止します。
これを左右交互に行います。
股関節のあたりの緊張が緩んできます。
スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.