痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

装具療法について!コルセット、カラー

  • HOME »
  • 装具療法について!コルセット、カラー
装具療法は腰椎や頚椎の安静を保つために行われます。カラーは局所の安静。腰椎コルセットは局所の安静と支持性を補強。

スポンサーリンク


■装具療法について

装具療法は腰椎や頚椎の安静を保つために用いられます。
装具療法は保存療法の一つです。
背骨の病気で用いられる装具には頚椎カラーや腰椎コルセットなどがあります。

■装具療法 頚椎

頚椎カラーは首の動きを制限し、局所の安静を保つために用いられます。
簡易型としてポリエチレン製のアゴの下までのカラーもあります。
後屈を避けて首の動きをしっかり止めるには、アゴと後頭部を固定するタイプが必要になります。

■装具療法 腰椎

装具療法で用いられる腰椎コルセットには、腰の運動制限による局所の安静に加えて、衰えた筋肉を補助して支持性を補強する目的で用いられます。
コルセットにより腹圧が上昇することにより復壁が強化され、腰への負担が軽減されます。
背骨を支えている腹筋が弱いと背筋に負担がかかり、背骨にストレスがかかってしまいます。
コルセットには腹筋と背筋の役割を補う働きがあり、椎間板にかかる衝撃をやわらげ、痛みを軽減する効果が期待できます。
装具療法で使用される腰椎コルセットには、やわらかいものと硬いものがあり、安静や補強の必要性に応じて使い分けられます。
安静し過ぎると筋肉が衰えてしまうので、腰椎コルセットをつけても適度な運動をする必要があります。
また腰椎コルセットを使用することにより、抹消神経への圧迫による合併症が起こることもあるので注意しましょう。
コルセットには患者さんの体型に合わせて作る場合や、既成の簡易式コルセットを使う場合があります。
緊急のときはさらしを巻いて代用することもできます。
コルセットは仕事などの諸事情によりどうしても起きていなければいけないときの緊急処置でもあります。
コルセットをつけるのは急性期の2~4週間ほどにとどめるようにしましょう。
長く使用していると腹筋や背筋がさらに弱くなってしまいます。
コルセットを使用すると、背骨の動きが悪くなり、痛みのために硬くなった筋肉がそのまま凝り固まってコルセットをはずすのが難しくなってしまいます。
ある程度症状が治まったらコルセットをはずし、腹筋や背筋を強化する運動療法を行うようにしましょう。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.