痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

運転する人の腰痛改善ポイント

  • HOME »
  • 運転する人の腰痛改善ポイント
運転する姿勢は体を腰だけで支えられた状態になり、腰痛を引き起こしやすくなります。

スポンサーリンク


■運転する人の腰痛の腰痛

毎日仕事で運転する人は多くいますが、運転している際に腰痛で苦しんでいる人も多くいます。
運転する姿勢は腰痛がある人には辛い姿勢でもあります。
運転する姿勢は両手両足を運転に使用するため、体は腰だけで支えられた状態になってしまいます。
車からの乗り降りする際の姿勢も中腰の姿勢になり、腰をひねりがちになり、腰に負担がかかりがちになります。
長い時間運転した後は疲労が溜まった状態にあります。
その状態のまま車から降りると腰への負担が増し、腰痛が悪化するおそれがあります。
走行中の車の振動も長時間続くと腰への負担になりがちです。

■運転する人の腰痛改善

腰痛持ちの人が運転するときは運転時の腰への負担を軽減し、中腰の姿勢に気を付けるこおtが大切になります。
また自動車そのものを見直すことも腰痛改善につながることも多くあります。
車からの乗り降りする際は手をついて、ゆっくり行いましょう。
長時間の運転は控えるようにし、適度に休憩をとるようにしましょう。
運転する時間を短くし、休憩の際には車外に出て腰を伸ばし、ストレッチなどを行い血流を改善しましょう。
車の背もたれを120度ほどに倒すと、体重を背中でも支えることになり腰への負担を軽減することができます。
固めのバックレストを使用すると運転する際の腰の前彎を維持することにつながります。
座席はやわらかすぎないことが腰痛改善につながります。
座席はやわらかい方がんんきがありますが、硬めの方がお尻の沈み込みも少なく腰への負担が軽減されます。
ハンドルは体から離れすぎないようにした方がよいです。
ヒジとヒザが適度に曲がり、手と足が余裕をもって動かせる方が腰への負担が軽減されます。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.