痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

ぎっくり腰・急性腰痛症について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • ぎっくり腰・急性腰痛症について!原因、症状、治療法
ぎっくり腰・急性腰痛症の原因は、椎間板の障害、靭帯の損傷、小関節のずれやねじれなど。 ぎっくり腰の治療法は、まず安静が大事。

スポンサーリンク


■ぎっくり腰・急性腰痛症

ぎっくり腰とは、クシャミをしたり、しゃがんで立とうとした際に腰に突き刺すような痛みが起こる病です。
正式には急性腰痛症、腰椎ねんざとも呼ばれます。
またこれといった原因もなく突然激痛が起こり、ぎっくり腰を発症することもあります。
腰椎に何らかの病気がひそんでいて、何かの動作をきっかけに強い痛みを引き起こしぎっくり腰を発症することもあります。
ぎっくり腰になると強い痛みのために動くことが困難になり、歩くこともままならなくなってしまいます。
ただし、ぎっくり腰の症状のあらわれ方には個人差があります。
痛みでほとんど動けない人、物につかまれば何とか歩ける人など様々です。
一般的にぎっくり腰になると、前屈みの姿勢や横向きで寝ると楽になることが多いです。

■ぎっくり腰・急性腰痛症を引き起こす誘因

・重い物を持ち上げようとしたときにぎっくり腰になる
・かがんだときにぎっくり腰になる
・不意に体をねじったときにぎっくり腰になる
・椅子から立ち上がった瞬間にぎっくり腰になる

■ぎっくり腰・急性腰痛症の痛みの原因

ぎっくり腰の痛みの原因としては、椎間板の障害、靭帯の損傷、小関節のずれやねじれなどが考えられます。
つまりこれらの箇所に炎症を起こしている状態が考えられます。
しかし炎症状態はレントゲンやMRIにはあらわれないため、具体的な炎症部分を特定することはできません。
骨、椎間板、関節に異常がみられず、腰に強い痛みが生じている状態を、ぎっくり腰・急性腰痛症と診断されることも多くあります。
腰背筋の肉離れの筋膜性腰痛、腰椎椎間板ヘルニアが原因になり起こることもあります。
どうしてぎっくり腰になるのかはまだ詳細には分かっていません。
腰椎周辺組織の老化、疲労の蓄積、これに姿勢の悪さや運動不足による腰周辺の筋力低下が加わり、ここに腰への負荷が加わってぎっくり腰を発症すると考えられています。
腰痛の症状を引き起こす病気は多数あるので、強い痛みが全てぎっくり腰というわけではありません。
大動脈瘤、消化器や女性器官の重大な病気が原因で痛みが起こっている場合もあります。
姿勢を変えても一向に楽にならい、発熱を伴うなどの症状があったりした場合は整形外科を受診しましょう。

■椎間板の損傷が原因

椎間板は背骨にかかる圧力や衝撃を吸収してくれる役割を果たしています。
しかしあまりに無理な圧力が加わると椎間板が損傷し激痛を引き起こすことがあります。
椎間板の損傷によりぎっくり腰を何度も引き起こすと腰椎椎間板ヘルニアに症状が進行してしまうこともあります。
ぎっくり腰は腰椎椎間板ヘルニアの前段階であるともいえます。

■靭帯の損傷が原因

靭帯が弱くなると椎体や椎間板にかかる負担が増して腰痛の原因となってしまいます。
ぎっくり腰は靭帯が伸び切って弾力性がなくなったときによく発症します。
ひどいときには靭帯が切れてしまうこともあります。

■小関節のずれやねじれが原因

小関節は椎体の後ろにあり、無理に腰をひねったりすると外れかけてしまい、ぎっくり腰を発症します。
このぎっくり腰は比較的治りやすく、外れかけた部分を元に戻せば治ります。

スポンサーリンク

■ぎっくり腰・急性腰痛症の治療法(家庭で行う)

ぎっくり腰になった場合、痛みが強い急性期の2~3日間は腰への負担が軽い姿勢をとって安静を保ちましょう。
一般的にヒザを曲げて横向きに寝ると楽になります。
仰向けで寝るときはヒザの下に枕や座布団を入れて足を軽く曲げると痛みがやわらぎます。
市販の湿布薬や鎮痛剤も効果的です。
湿布薬は患部が炎症を起こして熱をもっているときは冷湿布の方が痛みがやわらぎます。
痛みの原因がぎっくり腰であれば、暫く安静にしていると痛みが除々に軽くなっていきます。
軽症の場合は治ることもあります。
ただし発熱があったり、何日安静にしていても痛みが軽くならないようであれば、なるべく早めに整形外科を受診しましょう。
日々の動作が行える程に回復してきたら体を除々に日常生活に戻していきましょう。
無理をしたり、不用意な動作をすると痛みがぶり返してしまうこともあります。
まったく体を動かさない状態が長く続くと、筋肉が弱ったり硬くなったりし、逆に回復が遅れてしまいます。
痛みが治まってきたら、患部を温めて筋肉の緊張をほぐす温熱療法や、けん引療法により筋肉の緊張をほぐすのも効果的です。

■ぎっくり腰・急性腰痛症の治療法(整形外科)

診察では下肢の腱反射、運動神経の検査、しびれ、感覚の鈍麻、X線検査、MRI検査などを必要に応じて行いぎっくり腰を診断します。
病気による可能性がある場合は、血液検査や尿検査を行う場合もあります。
検査で他の病気が見つからなければ、痛みを抑える治療を行います。
手術などの治療が必要な病気があれば、まずその治療を優先します。
薬物療法としては、痛みを静める非ステロイド消炎鎮痛薬の内服薬や座薬、貼り薬や塗り薬が処方されます。
腰椎コルセットを使う場合は、布製のやわらかいものになります。
痛みが強い場合には、関節や筋肉に局所麻酔を注射する治療も行われます。

■ぎっくり腰・急性腰痛症の予防

ぎっくり腰は、その後も繰り返して発症することが多くあります。
ぎっくり腰の予防には腰周辺の筋肉や靭帯を鍛えることが大切になります。
腰痛体操を行い腹筋と背筋を鍛えることが必要です。
太り過ぎは腰への負担が増し、ぎっくり腰の誘因ともなります。
バランスの取れた食生活をし、適度な運動で肥満を予防しましょう。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.