痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

腰痛改善!腰痛の原因、症状、治療法、腰痛体操

  • HOME »
  • 腰痛改善!腰痛の原因、症状、治療法、腰痛体操

腰痛には、鈍く痛むもの、針をさし込まれたように激しく痛むもの、腰だけが痛むもの、腰から足にかけて痛むものなど様々な症状があります。他の病気が原因となって起こるものもあります。腰そのものが原因となっているものには、腰の筋肉や筋膜や靭帯に原因があり痛むもの、腰の骨が変形して痛むもの、椎間板や椎間関節に異常があり痛むものなどがあります。

スポンサーリンク


■ 腰の痛みを起こす病気

■ ぎっくり腰・急性腰痛症(きゅうせいようつうしょう)
■ 腰痛症(ようつうしょう)・慢性腰痛(まんせいようつう)
■ 腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんヘルニア)
■ 腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)
■ 変形性腰椎症(へんけいせいようついしょう)
■ 心因性腰痛(しんいんせいようつう)
■ 腰椎分離症(ようついぶんりしょう)
■ 腰椎分離すべり症(ようついぶんりすべりしょう)
■ 骨粗しょう症(こつそしょうしょう)
■ 強直性脊椎炎(きょうちょくせいせきついえん)
■ 脊椎カリエス(せきついカリエス)
■ 脊椎腫瘍(せきついしゅよう)
■ 脊椎炎(せきついえん)
■ 座骨神経痛(ざこつしんけいつう)
■ 脊髄終糸症候群(せきずいしゅうししょうこうぐん)
■ 前屈障害型腰痛
■ 後屈障害型腰痛

■ 腰痛を改善する方法

■ ウォーキングで腰痛改善
■ 水中歩行で腰痛改善
■ 正しい姿勢で腰痛改善
■ 入浴お風呂で腰痛改善

■ 腰・骨・背骨・椎間板・靭帯・筋肉の構造

■ 背骨について
■ 骨について
■ 椎間板について
■ 靭帯と筋肉について

■ 腰痛体操で腰痛を改善

■ 腰痛体操で改善
■ ウイリアムス体操
■ ストレッチで改善
■ 筋肉トレーニング
■ 椅子で行う腰痛体操
■ 仰向け腰痛体操
■ 立って行う腰痛体操

■ 腰痛の治療法

■ 薬物療法による治療法
■ 装具療法による治療法
■ 神経ブロック療法による治療法
■ 温熱療法による治療法
■ 牽引療法による治療法
■ 運動療法による治療法
■ 手術療法による治療法

■ 腰の痛みを起こす職業の予防法・対処法

■ 事務職の人の腰の痛み改善ポイント
■ 主婦の腰の痛み改善ポイント
■ 運転時の腰の痛み改善ポイント
■ 妊婦の腰の痛み改善ポイント
■ スポーツでの腰の痛み改善ポイント
■ 農家・畜産の腰の痛み改善ポイント
■ 重い物を扱う腰の痛み改善ポイント
■ 体型の違いの腰の痛み改善ポイント
■ 医療関係者の腰の痛み改善ポイント

私達の背骨はゆるやかなS字カーブを描き、バネのような働きして体に受ける衝撃を緩和しています。
さらには骨と骨の間の椎間板により衝撃を吸収したり、上体を自由に動かすことができます。
そして腹筋や背筋など様々な筋肉により補強され背骨が支持されています。
私達が体の異常や痛みを感じるのは神経組織があるためで、腰椎や周辺組織に異常が起こると、その部分の神経が刺激を受け痛みが起こります。

急性的に起こったものでも、慢性的に起こったものでも、安静にしていると自然と少しずつ改善してきます。
しかし中には直ぐに医師に診てもらう必要があるものもあります。
一週間過ぎても痛みが変わらない、我慢できないほど痛みが日増しに激しくなる、痛む箇所が移動する、足が動かなくなったり排尿排便がおかしい、知覚麻痺があるなど、このような症状がある場合は直ぐに専門医に相談しましょう。

腰の痛が軽減され日常生活を送れるようになってきたら、腰痛体操やストレッチを行い、柔軟性や腰の痛みを改善するための筋肉を付けるようにしましょう。

太り過ぎの人はダイエットや適度な運動を行い痩せるようにして改善しましょう。
過度の体重は腰部に悪影響を及ぼすだけでなく、内臓の悪化も引き起こしてしまいます。

またストレスを溜めないようにすることも改善するためには大切になります。
ウォーキングや散歩など体を動かすとストレス発散にもつながります。

慢性的な腰の痛み持ちの人は、日常生活の中でも痛みを引き起こさないように工夫するなどしましょう。
ちょっとした動きでも意識して行うと改善につながります。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.