黒千石大豆には血管若返り効果が期待できるアントシアニンが豊富に含まれています。
アントシアニンには血管若返り効果の他に、脂肪の代謝を促し、内臓脂肪を減らす働きがあります。
またアントシアニンは抗酸化作用が強く目の不調にも効果的です。



■大豆のアントシアニン

大豆は一般的に畑の肉といわれるように非常に栄養素に富んでいる食材です。
中でもアントシアニンが多く含まれています。
アントシアニンは老化を遅らせて寿命を伸ばす効果が期待できます。

■黒千石大豆の健康効果

黒千石大豆は、普通の大豆に比べると大きさは半分ほどです。
中身は大豆が乳白色なのに対し、黒千石大豆は緑色です。
黒千石大豆から見つかったのはポリフェノールの一種のアントシアニンです。
ポリフェノールは野菜などの色素や苦味の成分となるもので、血管を老化させる原因の一つとされる活性酸素を封じ込める物質です。

■黒千石大豆の脂肪代謝促進、内臓脂肪を減らす働き

黒千石大豆に含まれるアントシアニンには、脂肪の代謝を促し、内臓脂肪を減らす働きがあります。
また内臓脂肪が減ると傷付いた血管を修復することから、長寿ホルモンと呼ばれるアディポネクチンも増えるといわれています。
アントシアニンが含まれているのは、黒千石大豆の皮の部分です。
その含有量は、一般的に流通している黒豆の約2倍にもなります。

■アントシアニンは目の不調にも効果的

アントシアニンは抗酸化作用が強く、目にもよいといわれています。
目は紫外線を浴びていて活性酸素が発生しやすく、ダメージを受けやすい部分でもあります。
白内障や老眼といった、老化に伴う目の不調にも効果的です。

■アントシアニンを含む食材

血管を若返らせるアントシアニンは、黒い色や紫色の野菜などに含まれる色素です。
ワイン、ナス、イチゴ、ブドウなどに多く含まれています。