台風などによる気圧の変化は頭痛・高血圧・関節痛の原因になります。片頭痛の対処法「ガムを噛む」。
緊張型頭痛の対処法「首筋を温める」。
腰やヒザを一度でも障害されると気温の変化でも影響を受けて痛みを感じてしまいます。
気温差やダニは咳ぜんそくの原因になります。




■気圧について

気圧とは、空気の重さによって生じる圧力のことをいいます。
空気の密度が高ければ気圧が高く、空気が薄ければ気圧が低いということになります。
気圧が低くなると、そこに周りの空気が流れ込み上昇気流を発生させます。
すると雨雲ができやすくなり天気が悪くなります。
これが台風となります。

■気圧と頭痛

耳の奥にある内耳(ないじ)は、内リンパと外リンパという液体で満たされています。
気圧が下がると鼓膜が外側に引っ張られ、耳がキーンとする状態になります。
さらに気圧によって内リンパまで膨張すると自律神経のバランスを崩し、脳の血管が拡張します。
この血管の拡張が脳の神経を圧迫し、それが頭痛となります。
内耳や自律神経が影響を受けやすいのは、気圧の変動している時です。
気圧が下がり切ってしまえば、慣れて頭痛も治まってきます。
これは天気においても同じで、台風が近づいて気圧が除々に下がっているときに頭痛が発生します。
台風が上陸して気圧が下がってしまえば頭痛は治まります。
台風が通り過ぎるときも、気圧は元の状態に上がっていくので頭痛発生の原因になります。

■気圧の変化による頭痛の対処法

気圧の変化による頭痛は、頭痛持ちと呼ばれる人に症状が出やすくなっています。
片頭痛と緊張型頭痛に分けられ、光・音.ニオイに過敏な人は片頭痛、首や肩こりがひどい人は緊張型頭痛になりやすいといわれています。

●片頭痛の対処法「ガムを噛む」
ガムを噛むなどしてアゴを動かすと、内耳にかかる圧力を調節することができ頭痛を抑えられます。
これは片頭痛・緊張型頭痛のどちらでも有効です。

●緊張型頭痛の対処法「首筋を温める」
首筋を温めると血行が促進され、コリをほぐすことにつながります。
ただし片頭痛の人が温めると逆効果になるので要注意です。

■気圧と血圧

急激な気圧の低下は、交感神経も興奮させて血圧を上げてしまいます。
血圧があがると心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高くなります。



■関節痛のメカニズム

腰やヒザなどの神経が一度損傷すると、治ったように見えても過敏になっていて交感神経の影響を受けやすくなっています。
そのため急に冷えたりするだけでも過敏になった神経が痛みとして感じてしまいます。
秋は温かい気温から肌寒い気温へと変わる寒暖差が最も大きい季節になります。
関節の痛みなどが気になる人は身体を冷やさないことが大切になります。

●関節痛の予防法
・身体を冷やさない
・急激な温度変化を避ける

■咳ぜんそく

咳ぜんそくは、熱などの他のカゼの症状はないのに1ヶ月以上咳が止まらないのが特徴となっています。
早朝や夜間に咳き込むことが多いです。
秋になると咳ぜんそくを訴える人が増えてきます。

■気温差が咳ぜんそくの原因

咳ぜんそくの原因の一つが気温差です。
気温が急激に下がり、空気が口の中で温められる間もなく冷たいまま肺に入ってくるだけでも、気道が敏感に反応して収縮してしまうため咳き込みやすくなります。

■ダニの死骸やフンが咳ぜんそくの原因

実は夏に繁殖したダニの死骸やフンなどが、室内に蔓延する季節が秋です。
ベッドに横になったりするだけでも大量のダニの死骸やフンが空気中に舞い、知らぬ間に吸い込んでしまいます。
そんな状態が続くと気道アレルギーで炎症を起こして収縮し、咳き込みやすくなってしまいます。

■咳ぜんそくからぜんそくに悪化

ぜんそくとは、肺の内部にある気管支に炎症が起こり、空気の通り道が狭くなってしまう病気です。
発症っすれば治る可能性はほとんどなく、呼吸困難などの激しい発作と一生付き合わざるおえなくなってしまいます。

●ぜんそくの予防法
ぜんそくを予防するには、身体を冷やさないで温かくすることです。
服一枚で体感温度は5℃違うといわれています。
またマスクで冷たい空気を防いだり、掃除でダニを防いだりすることもぜんそくの予防に効果的です。

■ぜんそくの治療法!ぜんそく発作の刺激・アレルゲン、気道の炎症を抑える

■咳(せき)、肺炎、大人ぜんそく!マイコプラズマ肺炎、気管支肺炎、誤嚥性肺炎

■咳と病気!ぜんそく・慢性心不全・逆流性食道炎・COPD・誤嚥性肺炎の咳

■大人のアレルギー!ぜんそく・花粉症・食物アレルギー、アナフィラキシー、口腔アレルギー症候群

■頭痛の予防のポイント!頭痛予防体操、頭痛の正しい対処法

■片頭痛(へんずつう)!片頭痛予防食材、休日のデートは片頭痛を悪化させる

■緊張型頭痛改善体操!片頭痛(へんずつう)緊張型頭痛(きんちょうがたずつう)

■片頭痛の予防と治療!慢性片頭痛、片頭痛重積発作、脳底型片頭痛、小児片頭痛