お茶に多く含まれるカテキンには、抗菌・抗ウイルス作用、抗アレルギー作用、脂肪吸収抑制作用、癌細胞の増殖抑制作用があります。
お茶の沈殿物である茶葉には抗酸化作用が期待できるβカロテン、血行促進作用や免疫機能改善効果があるビタミンE、腸内環境を整えるクロロフィルといった栄養素が含まれています。



■お茶の健康効果

・抗菌・抗ウイルス作用
・抗アレルギー作用
・脂肪吸収抑制作用
・癌細胞の増殖を抑制

お茶の中には主となる成分のカテキンが豊富に含まれています。
カテキンには、カゼや歯周病予防などが期待される抗菌・抗ウイルス作用、花粉症対策などの抗アレルギー作用、動脈硬化やメタボを防ぐ脂肪吸収抑制作用などがあります。
さらに最近では癌細胞の増殖を抑制する効果があると考えられています。

■お茶に含まれる健康栄養素

・βカロテン
・ビタミンE
・クロロフィル

お茶の沈殿物の中には、抗酸化作用が期待できるβカロテン、血行促進作用や免疫機能改善効果があるビタミンE、腸内環境を整えるクロロフィルといった栄養素が含まれています。
これらの栄養素は水に溶けないので、茶葉まで飲まないと摂取することができません。

■お茶の深蒸し製法

深蒸し製法とは、一般的な製法の約2倍の時間をかけて茶葉を蒸す製法です。
茶葉が細かくなり、お茶の色が濃くなります。

■お茶漬けにして摂ると血液中の総カテキン量が増える

お茶漬けにすることによって、お米のタンパク質や多糖類などに結合して腸の中で吸収されやすいカテキンの形に変化すると考えられています。

■お茶と緑黄色野菜でカテキン効果アップ

お茶と一緒に緑黄色野菜を摂ると、ビタミンAを含む緑黄色野菜などの食材がカテキンの効果を高めると考えられています。

■カテキンのポリフェノール

カテキンはポリフェノールという健康によい物質の一種です。
緑茶を1日に湯呑みに7杯以上飲む人は、長生きできるという研究結果も出ています。

■お茶の作り方によって含まれるカテキンの種類が違う

熱いお湯で入れたお茶と冷たい水で入れたお茶では、出てくるカテキンの種類が違います。
熱いお湯で入れるお茶では、炎症を抑える効果があります。
冷たい水で入れるお茶では、免疫力向上などの効果があります。

■平均寿命について

平均寿命とは、寝たきりや介護を必要としている人など、元気ではない人も含んでいる統計になります。

■健康寿命について

健康寿命とは、平均寿命とは異なり元気で自立した生活を送っている人の統計になります。

■チョコレートのエピカテキンや有酸素運動で血管若返り!ストレッチやウォーキングで血管若返り

■高尿酸血症(こうにょうさんけっしょう)と痛風(つうふう)!プリン体