■豚肉の健康効果

豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれています。
糠味噌は発酵し菌もたっぷり入っているので、お腹の調子を良くしてくれます。
糠漬けの生姜焼きは、健康効果の高い豚肉とビタミンB1の組み合わせです。
そこに生姜も入っていてより良く身体に栄誉分として吸収されます。
糠にはタンパク質、脂質、繊維質、カルシウム、リン、鉄、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシンなど豊富な栄養素が含まれています。
ビタミンB1はヒレに多く含まれ、次にモモに多く、次にロースに多く含まれています。



■ぬか漬けの生姜焼きの作り方

<材料1人前>
豚ロース:3枚
糠味噌:大さじ2
生姜の絞り汁:小さじ1
みりん:小さじ1
醤油:小さじ1
サラダ油:少々
キャベツ:適量
トマト:適量

豚ロースの肉と脂の間に切れ目を入れて筋切りをします。
豚肉にぬか味噌を塗り込みます。
豚肉の片面に糠味噌を塗り、3枚重ねてそのまま15分程漬けます。
豚肉を糠味噌で漬けることで、鉄分やビタミンAなどの栄養分と共にアミノ酸によって旨味もアップします。
表面の糠味噌を少し残して取ります。
その上に生姜の絞り汁、みりん、醤油をかけて馴染ませます。
油を引き熱したフライパンで下味をした豚肉を中火で焼きます。
糠味噌が焦げないように焼きます。

■肉味噌の作り方

<材料>
豚ひき肉:200g
ニンニク:1片
生姜:1片
長ネギ:1/3
レンコン:小1節
ゴマ油:大さじ1
酒:大さじ1
砂糖:大さじ1
赤味噌:大さじ1
テンメンジャン:大さじ1
豆板醤:小さじ1/2

長ネギと生姜をみじん切りにします。
ニンニクは一度包丁の背で潰してからみじん切りにします。
フライパンにゴマ油を引き、ネギ、生姜、ニンニクを入れ、香りが出るまで炒めます。
さらにレンコンを入れ全体に油を行き渡らせます。
豚ひき肉を加え加熱、余分な油が出たらクッキングペーパーなどで油をすくい取ります。
辛みの強い肉味噌を作る場合は、最初に豆板醤を入れます。
豆板醤を最後に入れると辛みが抑えられてコクもたっぷりの肉味噌になります。
続いて砂糖、赤味噌、テンメンジャンを入れます。
焦げやすくなるので火加減を弱火にします。
後は出て来た水分で味噌を溶いていきます。
全体に調味料が行き渡ったら再び火を強め水分を飛ばします。
この状態で密閉容器に入れ、冷蔵庫に保存すれば2週間は保ちます。
冷凍保存すればもっと保ちます。
この肉味噌を基に、いろんなメニューに使うことが出来ます。
ごはんにかけるそぼろはもちろん、様々な料理に使える万能調味料になります。