■きれいな文字の書き方のポイント

・文字のバランスを整える方法
・正しいペンの持ち方
・正しいペンの動かし方
・文字を真っ直ぐに書く方法
・むすび修正法



■文字のバランスを整える方法(きれいな文字の書き方)

文字の線と線の隙間を均等にすることで、文字全体のバランスを整える方法です。
方眼紙(ほうがんし)などを使ってバランスを整えながら文字を書くと、隙間が均等に書けるようになります。

■正しいペンの持ち方(きれいな文字の書き方)

親指・人差し指・中指の3つの指で、つまむようにペンを持つのが正しいペンの持ち方になります。
指でペンを挟んだ形が三角形になっているかどうかがポイントです。
ペンを握りこんでしまうと手首で書いてしまい、あまり細かい運動ができなくなります。
また長時間書くと疲れてしまいます。

■正しいペンの動かし方(きれいな文字の書き方)

本来は指の3本、指先の曲げ伸ばしの運動で書きます。
手首を固定したまま、指でペンを動かせるように指を動かします。
指の可動域が広がってペン先を自在に操れるようになります。
指がなめらかに動くことが大事で、これで筆記具をあやつることが大事です。
そのためにも手首を机にきちっと固定し、指の曲げ伸ばしで丸、三角、四角を書けるトレーニングをすることが大切です。

■文字を真っ直ぐに書く方法(きれいな文字の書き方)

方眼紙の線3つを使うか、横に線を3本引いてこれを基準にして文字を書きます。
線と線の間に文字を書くのではなく、真ん中の線を中心線と見立てて文字を書く練習をします。
線の真ん中を通るように真っ直ぐ文字を書きます。
実際に中心線の上を書けているかを確認するには、文字の外側を囲んでみるとよく分かります。

■むすび修正法(きれいな文字の書き方)

「す」「は」などの丸くむすんでいる部分を「へ」「く」の形になるように意識して書くと、キリッとしたむすびの印象になります。
意識するだけで効果があります。

■文字は隙間を狭くすると謙虚に見える

文字は隙間を小さく書くと、恐縮しているように見えます。
ひらがなも小ぶりに書くと謙虚に見えます。
画数が少ないひらがなは、間のびして見えがちです。
線も短めにこぶりに書くと謙虚に見えます。

■おおらかな明るい文字も書き方

・文字の隙間を広めに大きく書く
・払いはやや長めに書く
・縦の線を長くしておいて中を広めにとる

文字の隙間が広くなるように意識して書くと文字がのびやかに見えます。

■きれいな筆ペンの書き方

・筆ペンを立てて持つ
・書き始めは押さえる

筆ペンを立てて持つのが、きれいな筆ペンの書き方のポイントです。
少し人差し指に力を入れて引き寄せると、筆ペンが立ってきます。
軸を少し立てるだけで、文字の太さをコントロールしやすくなります。
さらに利き手の下に反対の手を敷くと、安定感が増して書きやすくなります。

線の引き始めにしっかりと筆圧をかけて、筆をバネのように使います。
ひと筆入れるごとにきちんと止めてからゆっくり線を引くと、線の最後もきれいな仕上がりになります。