夏野菜でビタミンやミネラルを摂り夏バテ対策。
ビタミンやミネラルは排出されやすいので、毎日の食事で夏野菜などを適量摂ることが大切です。
トマトとトウガンのスープの夏野菜料理
トマト・ピーマン・鶏むね肉炒めの夏野菜料理




■夏野菜

夏場の熱い時期になると、汗をかいたり、食欲が落ちたりしてしまいます。
その結果、身体の水分や必要な栄養素が足りなくなって、夏バテや熱中症になりやすくなってしまいます。
そのためにも夏野菜などの野菜も摂り、バランスの取れた食生活が大切になります。
ビタミンやミネラルは身体の調子を整える大切な栄養素でもあります。

■ピーマン、トマト(夏野菜健康効果)

ピーマンやトマトには抗酸化作用のあるビタミンCを多く含んでいます。
トマトのリコピンには、活性酸素を消去する抗酸化作用があります。

■トウガン・冬瓜(夏野菜健康効果)

トウガン・冬瓜は水分が多く、血圧を下げたり、筋肉の働きを調節するカリウムが多く含まれています。
トウガン・冬瓜は低カロリーの食材でダイエットにも向いている夏野菜です。

■ゴーヤ(夏野菜健康効果)

ゴーヤにはビタミンCだけではなく、骨を作るカルシウムも含まれています。
ゴーヤー独特の苦味には血糖値を下げる効果も期待できます。

■オクラ(夏野菜健康効果)

オクラのネバネバには食物繊維などが多く含まれコレステロールを減らす効果があります。
また動脈硬化、高血圧、糖尿病の予防に効果があり、便秘や下痢などの整腸作用も期待できます。
ビタミンA、B1、B2、C、ミネラル、カルシウム、カリウムなどが含まれるため夏バテ対策に効果が期待できます。



■鶏肉(健康効果)

鶏肉の良質なタンパク質で代謝を促進して筋肉を作るもとになります。
鶏肉は亜鉛を多く含み、傷を治したり、味覚障害を改善してくれる効果もあります。

■トマトとトウガンのスープの夏野菜料理

<材料 2人分>
トマト:1個(湯むきして、1cm角に切ります)
トウガン:150g(厚く皮を剥いて電子レンジで2分半かけ、1cm角に切ります)
鶏むね肉:50g(小さく刻んでおきます)
水:360cc
豆乳:100cc
酒:大さじ1
塩:二つまみ

フライパンに水、トウガン、鶏むね肉、を入れ、沸いてから5分ほど煮ます。
酒、塩、豆乳を加え煮込みます。
トマトを加え、トマトが温まる程度煮込んだら出来上がりです。

■トマト・ピーマン・鶏むね肉炒めの夏野菜料理

<材料 2人分>
トマト:1個(湯むきして、1口くらいの大きさに切ります)
ピーマン:1個(1口くらいの大きさに切ります)
鶏むね肉:100g(そぎ切りにします)
酒:小さじ1
塩:適量
コショウ:適量
カタクリ粉:小さじ1/2
油:小さじ1
水:大さじ3

鶏むね肉に、塩、コショウ、酒を加えを混ぜます。
カタクリ粉をまぶして混ぜます。
フライパンに油を引き、混ぜた鶏むね肉を1枚ずつ乗せて中火で加熱します。
片面ずつじっくり火を通します。
鶏むね肉に水を加え、弱火にしてピーマンを加えます。
酒、塩を加え、少し加熱します。
トマトを加えて、トマトが温まる程度混ぜて加熱したら出来上がりです。