歯磨きは歯と歯茎の間から、いかにプラークをとるかが大切になります。
全身の健康を保つためには、口の中を清潔に保つことが大切です。 正しい歯磨きで健康を保ちましょう。




■歯ブラシの持ち方

親指・人差し指・中指で鉛筆を持つように歯ブラシをにぎります。

■歯磨き際の力の入れ方

力を入れ過ぎると毛先がしなってしまいます。
毛先がしならない程度の力で歯ブラシを歯に当てます。

■バス法による歯磨きの仕方

歯ブラシの毛先を歯と歯茎の境目に45度の角度で当てます。
軽い力で小刻みに歯ブラシを動かします。

■スクラビング法による歯磨きの仕方

外側は、歯ブラシの毛先を歯に直角に当て、軽い力で小刻みに歯ブラシを動かします。
一本一本を丁寧に磨いていく方法です。
内側はベロがあるので、少し斜めに歯に当て、軽い力で小刻みに歯ブラシを動かします。

■磨き残し

歯磨きでの磨き残しを出さないように、自分で磨いていく順番を決めて磨くと良いです。
磨き残しが出やすい場所としては、歯並びの悪い部分、奥歯の後ろ側などがあります。

■歯並びの悪い部分の歯磨きの仕方

歯並びの悪い所に歯ブラシを立てて、軽い力で小刻みに歯ブラシを動かします。

■奥歯の後ろ側の歯磨きの仕方

歯ブラシの毛先を当てるようにして上手く磨きます。

■歯間ブラシ

歯と歯の間には歯間ブラシを使って磨くと良いです。
狭いところは無理に入れず、隙間に合った太さを選んで行いましょう。

■ワンタフトブラシ

ワンタフトブラシとは部分磨き用の歯ブラシです。
歯が抜けたり、歯並びが悪い部分など、通常の歯ブラシでは磨ききれない部分に使用します。

■電動歯ブラシ

お年寄りや手の不自由な人には有効です。
きちんと毛先を歯に当てられるかが大切なポイントになります。
歯をきっちり当てればブラシが動いて磨いてくれます。