■ボールを遠くに投げる方法

手で投げるのではなく、体全体で投げることが大切です。
体幹(たいかん)を上手くひねって体全体でダイナミックに投げると上手く投げられます。

●両手を広げて大きく足を出して腰を回転させる(ボールを遠くに投げる方法)
これにより自然な投球フォームになります。

●大きく腕を振る(ボールを遠くに投げる方法)
練習方法としてはメンコを使います。
大きく腕を振って床にたたきつけます。
これにより大きい腕の振りを覚えます。

●手首を使う(ボールを遠くに投げる方法)
練習方法としては紙鉄砲を使います。
大きく音が鳴るように練習します。
紙鉄砲は手首のスナップを使わないと良い音がしません。

●手首を内側にひねる(ボールを遠くに投げる方法)
手首を内側にひねることを回内(かいない)と言います。
回内(かいない)するとスピードが速く出るようになります。