■足が速くなる方法

速く走るにはヒザを高く上げるのではなく、上手くヒザを回転させてスムーズにスイングさせることになります。
ももを上げる時は、ゆっくり上げるのはダメです。 速く上げるとヒザが勝手に巻かれてムチのようにしなやかに動きます。
ヒザや足首に力が入っていると動きにしなやかさがなくなってしまいます。
ももを素早く上げ、その他はリラックスしているというのが足が速くなる方法のコツの一つです。
ももを上げる時の筋肉というのは、体の奥にある腸腰筋(ちょうようきん)という筋肉です。
腸腰筋(ちょうようきん)はトレーニングしないとどんどん衰えていきます。
腸腰筋(ちょうようきん)が衰えると足が上がらなくなり、小さな段差があっても転倒しやすくなってしまいます。

●腕を大きく振り(足が速くなる方法)
一歩大きく踏み出し大きく腕を振るという練習をします。
またジャンプしながら走る形を交互に行い、足と腕を大きく動かすような練習も効果的です。
大きく腕を振って体幹(たいかん)をねじるということが大事になります。
体幹の上と下をねじることが腕と足ををリードします。

●競歩ダッシュ(足が速くなる方法)
競歩しながらスピードを上げて行き、そのまま走ってしまいます。
足が追いつかなくなるぐらいになると走り出します。
そのまま走って行くと地面を蹴るという感覚がつかめます。

●大股(おおまた)スキップ(足が速くなる方法)
足を前に投げ出す感じで練習します。