痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

半月板損傷について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 半月板損傷について!原因、症状、治療法
半月板損傷とは、無理な動きをしたり、ひねったりして関節にある半月板が傷がついたり、断裂したりする状態をいいます。

スポンサーリンク


■半月板損傷(はんげつばんそんしょう)について

半月板は薄い繊維軟骨で出来ていて、大腿骨と脛骨の間の隙間を埋めるように内側と外側に一つずつあります。
半月板は、膝の関節に働く圧力が一カ所に集中しないように分散させるクッションの役目をしています。
このように圧力が分散されることで、関節が安定して滑らかに動く手助けをしてくれています。
しかし無理な動きをしたり、ひねったりすると関節の骨と骨との間にある半月板が挟まって傷がついたり、断裂したりします。
半月板が切れると痛みが生じ、足を曲げたり、ねじったり、下りるときに痛みが出やすくなります。

スポーツなどで傷つけることが多く、半月板だけを傷つける場合、靭帯損傷を伴う場合があります。
高齢者の場合、膝の使い過ぎや昔のケガがにより膝が変形してしまい軟骨がすり減り、それと同時に半月板を傷めている場合が多くあります。
半月板損傷の場合、自然に治ることはないため治療が必要で、放置しておくと後年痛み出すことがあります。

■半月板だけの半月板損傷

半月板は弾力性があるため、膝の関節を伸ばしたり曲げたりする動きに合わせて位置や形を変えています。
半月板には絶えず牽引、圧迫、ねじれなどの力が働いています。
特に膝をひねる動きのスポーツをするとき、強く働いて半月板損傷になることが多くあります。

■膝の靭帯損傷と合併した半月板損傷

前十字靭帯(ぜんじゅうじじんたい)が切れると靭帯が緩んで膝がズレますが、このとき余計な動きを強要され半月板が大きく切れて痛みを伴います。

スポンサーリンク

■半月板損傷による症状

・階段を下りるときに痛みを感じる。
・膝をねじったときに痛みを感じる
・膝の中でコリッという音がする
・何かがはさまったような違和感がして膝が伸びにくい(ロッキング)
・歩いている時や階段を下りている時に「ガクッ」と急に力が抜けてしまう(膝崩れ)
・膝を折るとギシギシとなめらかさがない(スナッピング)

日常生活に支障がないとそのまま放置してしまいがちですが、放置しておくと後年さらにひどく傷めてしまったり、痛みだしてみて半月板損傷を患っていたことに気づくこともあります。
膝に違和感を感じても放置しておいたり、そのままスポーツを続けると関節が痛んだり、水が溜まってきまりします。
そして進行して変形性膝関節症を発症する危険があります。

■半月板損傷の治療法

半月板損傷の治療法としては、痛みが取れるまでは安静にしています。
スポーツ時に傷めた場合は練習量を減らしたり、完全に休養します。
半月板の損傷が少なく痛みもほとんどないようなら筋力トレーニングを行います。
痛みが取れて筋力がついてくると大丈夫になります。
靭帯が切れたり、ゆるんでしまっている場合は治療が必要になります。
新しいケガの場合は、関節鏡を使い縫い合わせる手術を行います。
古い傷の場合は、関節鏡を使い傷ついた部分だけを切り取る部分切除の治療を行います。
半月板の外側の1/3にはいくらか血液が流れているので再生する可能性があります。
中心部に近いところは関節液から栄養をとっているため、この部分が切れると縫い合わせても再生はできません。
手術後一ヶ月ほどでジョギングが可能となります。
靭帯も損傷している場合は、さらに靭帯も縫い合わせたり、再建する手術を行います。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.