痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

健康情報10!健康、健康情報、病気、痛み、悩みなど

  • HOME »
  • 健康情報10!健康、健康情報、病気、痛み、悩みなど
最新健康情報10!役立つ情報、知っていて役立つ健康情報などをご紹介いたします!

片頭痛
頭の片側、両側のこめかみあたりから目のあたりが脈打つように痛みます。
発症中に体を動かすと痛みが強くなります。
吐き気、嘔吐を伴うことも多く、光やにおいに敏感になります。
脳内の血流を一定に保つようんしているのがセロトニンという神経伝達物質です。
セロトニンが不足すると脳の血管が拡張し、血管を取り巻く三叉神経が刺激されます。
するとその末端から痛み物質が放出され血管壁に炎症が起こってしまいます。
拡張した血管でも神経が圧迫され痛みとなって片頭痛を発症します。

緊張型頭痛
筋肉の緊張が高まり血流が悪くなると、筋肉に乳酸やピルビン酸などの老廃物が溜まります。
そのために周辺の神経が刺激され痛みが生じます。
痛みは後頭部から首筋を中心に頭全体が締め付けられるような痛みが生じます。
原因はストレスや長時間におよぶ無理な姿勢、運動不足などがかんがえられます

群発頭痛
群発頭痛は目のおくをえぐられたような頭痛です。
人間の脳内には体内時計があって、その中枢が視床下部になります。
この体内時計が乱れを生じると、その情報が視床下部から三叉神経に伝えられます。
三叉神経はその情報を痛みとして受け取ってしまい、痛みの原因物質を放出してしまいます。
それにより内頸動脈が急激に拡張したり炎症が起きたりし、激しい群発頭痛の痛みが起こるとされています。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.