痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

市販の頭痛薬、鎮痛薬について

  • HOME »
  • 市販の頭痛薬、鎮痛薬について
市販の頭痛薬は手軽に購入できるため気軽に服用して多様してしまうと薬物乱用頭痛を引き起こしてしまう危険性があります。

スポンサーリンク


■市販の頭痛薬

市販の頭痛薬は手軽に購入できるため気軽に服用してしまいます。
たいした効果がないと分かっていても頭痛が起こるとついつい服用してしまいます。
市販の鎮痛薬を多様してしまうと薬物乱用頭痛を引き起こしてしまう危険性もあります。
頭痛が起こると、つい市販の鎮痛薬で対処してしまいがちです。
鎮痛薬は頭痛だけではなく、歯痛、生理痛、関節痛、傷の痛みでも使われます。
鎮痛薬は痛みの信号を脳に伝わるのを止めたり、痛みを起こす炎症を抑えたりして痛みをやわらげる作用があります。
鎮痛薬を使用しても、片頭痛の痛みの原因である頭蓋内の血管や周りの三叉神経に直接作用するわけではありません。
筋肉の凝りなどが原因の緊張型頭痛であれば鎮痛薬を服用すると一時的に頭痛がやわらぐ効果が期待できます。
しかし精神的なストレスにより毎日のように頭痛が起きている人には鎮痛薬の効果は期待できません。

■自分の頭痛に合った薬を使用

通常医療機関では、頭痛を軽症、中症、重症に分けて対処しています。
日常生活に支障が少ない場合を軽症とし、日常生活や仕事に支障がある場合を中症とし、寝込んでしまい日常生活や仕事ができない状態を重症としています。
軽症の場合は市販の頭痛薬でも対処が可能とされています。
頭痛が起きて市販の頭痛薬を飲んで1~2時間後には治まっているという程度の症状が月に数回程度なら処方薬は特に必要ありません。

■やってはいけない市販の頭痛薬の使い方

・頭痛が起こるのが不安だから飲んでしまう
・効き目が悪くなったから多めに飲んだり、飲む回数を増やしてしまう
・毎日市販の頭痛薬が手放せない

■頭痛専門医の治療が必要

薬物乱用頭痛を引き起こしてしまうと治療が難しくなってしまいます。
市販の頭痛薬の効果が悪くなってきたり、服用する回数も増えてきたり、鎮痛薬が手放せなくなってきたら、一刻も早く頭痛専門の医師に相談し治療を受けましょう。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.