痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

片頭痛の対処法・片頭痛の予防法

  • HOME »
  • 片頭痛の対処法・片頭痛の予防法
片頭痛の対処法:静かな暗い部屋で横になって休む、痛む場所を冷やす、カフェインを摂る
片頭痛の予防法:疲れる前に休息、片頭痛を誘発する食べ物に注意、食事をきちんと摂る、寝不足・寝過ぎに注意、片頭痛を誘発しやすい環境に注意

スポンサーリンク


■片頭痛の対処法

片頭痛は周期的に吐き気を伴う強い頭痛が起こる病気です。

●静かな暗い部屋で横になって休む
片頭痛の対処法としては、薬の服用以外では安静を保つことが大切になります。
片頭痛が起こった時は、横になってしばらく静かに休みましょう。
まぶしい光や騒音でも痛みが増すので静かで暗い部屋で安静を保つことが基本となります。

●痛む場所を冷やす
こめかみあたりの動脈が通っている部分をおさえたり、冷たいタオルや氷などで冷やすと血管が収縮し、痛みが軽減されることがあります。
冷やすのをすぐにやめてしまうと、再び血管が拡張して頭痛になることがあるので、冷やし始めたらしばらく続けるとよいです。

●カフェインを摂る
吐き気や嘔吐がなければ、血管収縮作用のあるカフェインを含むコーヒーや紅茶を飲むと痛みが軽減されます。
痛みが来そうだと思ったときに早目に飲むとよいです。
ただしカフェインの取り過ぎは逆に頭痛を誘発するので注意しましょう。

■片頭痛の予防法

●疲れる前に一息入れる
心身のストレスは片頭痛を招きやすくなります。
特にストレスから解放されたときが危ないので、一息つく余裕が大切です。

●片頭痛を誘発する食べ物に注意する
赤ワイン、チーズ、チョコレート、ハム、ソーセージなどは片頭痛を引き起こす可能性がある食品といわれています。
取り過ぎに注意しましょう。

●食事をきちんと摂る
空腹や、空腹によって起こる低血糖は片頭痛の引き金になります。
朝は低血糖になりやすいので注意しましょう。

●寝不足・寝過ぎに注意
寝不足だけではなく、寝過ぎも片頭痛の誘因となります。
週末に遅くまで寝ていると、空腹とも重なり片頭痛が起きやすくなります。

●片頭痛を誘発しやすい環境に注意
人ごみ、騒音、強い光、強い臭いなどは片頭痛のきっかけになります。
日差しが強いときはサングラスをかけるなどし、外出する際は人の混雑が少ない時間帯を選びましょう。

●マグネシウムやビタミンB2を摂る
マグネシウムとビタミンB2は片頭痛の頻度を減らすとされる栄養素です。
ヒジキやワカメなどの海草類、大豆、ごま、アーモンド、ホウレンソウにはマグネシウムが多く含まれています。
レバー、うなぎ、ぶり、牛乳、納豆にはビタミンB2が豊富に含まれています。

●ハーブティーを飲む
ナツシロギクという菊の一種のハーブに片頭痛の予防作用があるとされています。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.