痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

帯状疱疹ウイルスによる頭痛!二次性頭痛

  • HOME »
  • 帯状疱疹ウイルスによる頭痛!二次性頭痛

■帯状疱疹ウイルス(たいじょうほうしんウイルス)による頭痛

帯状疱疹ウイルスは、子供の頃に水疱瘡かかり治った後でも体内から消えるわけではなく、神経の根元に遺伝子の形でずっと潜伏するとされています。
顔は帯状疱疹ウイルスが増殖しやすい場所でもあります。
そのため帯状疱疹ウイルスが潜伏しやすい場所の一つとして顔面を支配する三叉神経の根元が考えられています。
三叉神経の根元に潜伏している帯状疱疹ウイルスは、体の抵抗力が低下した時に再び活動を始めます。
そして三叉神経に深く関わっている片頭痛や群発頭痛に悪影響を及ぼすことが分かってきています。
帯状疱疹ウイルスが三叉神経に深く関わっている片頭痛や群発頭痛に悪影響を及ぼします。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.