痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

頭痛改善!片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛、治療法

  • HOME »
  • 頭痛改善!片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛、治療法

頭痛には、一次性頭痛と二次性頭痛があります。一次性頭痛とは、検査をしても異常が見つからず、頭痛それ自体が治療の対象となる頭の病気です。二次性頭痛は、脳の病気や体の病気の症状として起こる頭の病気です。

スポンサーリンク


■ 一次性頭痛について

■ 片頭痛(へんずつう)
■ 緊張型頭痛(きんちょうがたずつう)
■ 群発頭痛(ぐんぱつずつう)
■ 薬物乱用頭痛(やくぶつらんようずつう)

■ 二次性頭痛について

■ くも膜下出血(くもまっかしゅっけつ)
■ 脳腫瘍(のうしゅよう)
■ 髄膜炎(ずいまくえん)
■ 脳出血(のうしゅっけつ)
■ 慢性硬膜下血腫(まんせいこうまっかけっしゅ)
■ 副鼻腔炎(ふくびくうえん)
■ 三叉神経痛(さんさしんけいつう)
■ 帯状疱疹ウイルス(たいじょうほうしんウイルス)

■ その他の二次性頭痛

急性緑内障、顎関節症、脳梗塞、低骨液圧性頭痛、硬膜動静脈瘻、
側頭動脈炎、椎骨動脈解離、後頭神経痛、甲状腺機能低下症(橋本病)、
甲状腺機能亢進症(バセドウ病)など

■ 頭痛の対処法・予防法について

■ 片頭痛(へんずつう)の対処法・予防法
■ 緊張型頭痛(きんちょうがたずつう)の対処法・予防法
■ 群発頭痛(ぐんぱつずつう)の対処法・予防法

■ 頭痛の治療薬について

■ 市販の頭痛薬
■ 片頭痛(へんずつう)の治療薬
■ 緊張型頭痛(きんちょうがたずつう)の治療薬
■ 群発頭痛(ぐんぱつずつう)の治療薬

急激に痛みが起こり、突然バットで頭を殴られたような頭の痛みを感じたら、くも膜下出血が疑われます。
急激に痛みが起こり、頭全体の激しい痛みと発熱が続き、うなじが硬くなっていると、髄膜炎が疑われます。
急激に痛みが起こり、手足の麻痺やろれつがまわらないときは、脳出血が疑われます。
除々に痛みが悪化し、朝方に強い頭の痛みがあり、物が二重に見え、嘔吐や歩行障害があるときは、脳腫瘍が疑われます。
除々に痛みが悪化し、認知症のような症状と軽い麻痺や尿失禁があるときは、慢性硬膜下血腫が疑われます。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.