痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

白髪について!原因、治療法をご紹介

  • HOME »
  • 白髪について!原因、治療法をご紹介

白髪は髪の毛のメラニン色素が欠乏することが原因で起こります。白髪の治療法としては、頭皮のケアを続けることで次に生えてくる髪を健康な状態に戻すことになります。

スポンサーリンク


■白髪について

白髪は髪の毛のメラニン色素が欠乏することが原因で起こります。
生まれつきの場合もありますが、多くは加齢によるものです。
10代後半から20代の比較的若い頃から白髪になる場合は遺伝的な要因が考えられます。

頭皮に白斑ができると、その部分のメラニン色素が抜け落ちてしまうため生えてくる髪も白くなることもあります。
白斑を放置していると白髪も増えるので治療が必要になります。

まれに強いストレスや恐怖から、急激に短期間の間に白髪がおきることもあります。
これは毛幹内に過剰に空気が入り込むことで起こるとされています。

■白髪の治療法

髪が生え変わるまでは白髪は消えません。
頭皮のケアを行うことである程度元に戻すことはできます。
良質のタンパク質やパントテン酸、ビオチンなどのビタミン群を充分に補給して、頭皮のマッサージを行いましょう。 ストレスを溜めないことも大切です。
頭皮のケアを続けることで次に生えてくる髪を健康な状態に戻します。

●良質のタンパク質を摂る
髪の毛の主成分はタンパク質になります。
髪がやせたり、白髪が増えるのはタンパク質の不足が原因の場合もあります。
タンパク質の中でも、必須アミノ酸のメチオニン、シスチンなどが大切になります。
これらのアミノ酸を含む良質のタンパク質を食事から充分に摂取し、肉類や魚類などの動物性食品から摂取することも大切です。

●ビタミンB郡で髪の健康を保つ
ビタミンB2には毛根の細胞を活性化する働きがあります。
ビタミンB2は、レバー、うなぎ、どじょう、カレイ、ブリ、牛乳、ヨーグルト、納豆、アーモンドなどに多く含まれています。
ビタミンB6は髪の発育促進の働きがあります。
ビタミンB6はカツオ、マグロ、イワシ、サバ、レバーなどに多く含まれています。
パントテン酸は、抜け毛や白髪の促進原因になるストレスに対抗してくれるビタミンです。
トリートメント剤の誘導体パンテノールは、体内でパントテン酸に変わる成分で髪を丈夫にする働きがあります。
パントテン酸は、レバー、鶏ササミなどに多く含まれています。
ビオチンはタンパク質の代謝を促進し、細胞の増殖を促進する働きがあります。
ビオチンは、レバー、マイワシ、カレイ、サケ、落花生などに多く含まれています。

●バランスのよい食事を摂る
白髪の予防には、栄養のバランスが取れた食事も大切になります。
新陳代謝を活発化し、血行が促進され、全身の健康状態が改善されると髪の健康状態もアップします。

●頭皮を清潔に保つ
頭皮は新陳代謝で脂汚れやフケなどが出るため不潔になりやすい場所でもあります。
汚れが毛穴を塞ぐと、血行が悪くなり白髪の原因にもなります。
頭皮を清潔に保つには、毎日の洗髪が大切です。
すすぎが十分でなくシャンプーが残ってしまうと汚れの原因となるので、洗い流すときはすすぎを十分に行いましょう。

●頭皮のマッサージで血行促進
頭皮の血行を促進することも白髪予防には大切です。
血行が促進されると、髪に必要な栄養分が血液によって供給されるようになります。
適度なブラッシング、頭皮のマッサージなどを行い血行を改善しましょう。
頭皮のマッサージは、両手の指全てを使い、頭皮をつまむようにマッサージします。
新陳代謝や血行が良くなり抜け白髪につながります。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.