痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

円形脱毛症について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 円形脱毛症について!原因、症状、治療法

円形脱毛症は頭髪が部分的に円形になって無くなる髪の病気です。

スポンサーリンク


■円形脱毛症(えんけいだつもうしょう)の症状

円形脱毛症(えんけいだつもうしょう)とは、頭髪が部分的に円形になって無くなる病です。
最小は非常に小さいですが、次第に周囲に脱毛が進行して鶏卵ほどの大きさになります。
その後は中心部から毛が生えてきて自然に治っていきます。
通常は1ヶ月から3ヶ月ほどの間の経過内で起きます。
1ヶ所しかできないときは気付かないうちに治ってしまうこともありますが、多くは数個の脱毛斑が起こります。
多くの場合は数ヶ月で自然に治るので心配はいりません。
円形脱毛症の中でも、全頭脱毛症、悪性脱毛症、汎発性脱毛症などがあり、大きな脱毛斑を作ったり、丸坊主になってしまったり、眉毛、まつ毛、陰毛など、全身の体毛まで抜けて重症化してしまうこともあります。
このような場合でも数年経つと治りますが、抜けたまま治らないこともあります。

■円形脱毛症の原因

円形脱毛症の原因としては、ストレス、自己免疫などがありますが、はっきりとは分かっていません。
頭髪は毛周期があり、何年に一回かは生え変わっています。
全ての頭の毛に毛周期があって生え変わっていて、上手にバランスが取れているため全体として同じ数の髪の毛があります。
毛周期には個人差がありますが、5年から7年ほどとされていて、一本の毛は7年経つと抜けて、一定の休止期間をおいてまた生えてきます。
何らかの原因で頭髪の毛周期のバランスが崩れ、一部の範囲の髪の毛の毛周期が同じテンポになり、同じ休止期に入り円形脱毛症が起こるとも考えられていますが、発生メカニズムは不明です。

■円形脱毛症の治療法

円形脱毛症の治療法としては、対処療法を行い、抜ける毛を防ぎ、新しく生えてくる毛を促進することになります。
大多数の円形脱毛症は数ヶ月で自然治癒する場合が多いです。
円形脱毛症は靱帯的に実害のない病気でもあるので、副作用で実害が出るような薬剤は避けて、作用のおだやかなものを使用し、のんびり治した方がよいです。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.