痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

歯周炎について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 歯周炎について!原因、症状、治療法
歯周炎は、歯えお支える組織が炎症により破壊された状態です。

スポンサーリンク


■歯周炎(ししゅうえん)の原因について

歯周炎(ししゅうえん)とは、歯えお支える組織が炎症により破壊された状態をいいます。
歯周炎の原因は歯垢(プラーク)の中の細菌と、細菌を退治する免疫反応です。
歯と歯肉の間に歯周ポケットという隙間が出来て、そこに多くの細菌が住み着いて起こります。

■歯周炎の症状

歯周炎の症状としては、初期では無症状で出血がある程度ですが、進行して悪化すると歯肉が腫れて膿が出たり、歯がぐらついたり、噛んだ時に痛みが生じます。
歯周炎をそのまま放置していると、歯肉が痩せて歯が抜けてしまうこともあります。

■歯周炎の治療法

歯周炎の治療法としては、初期では歯ブラシによる口内の清掃と歯石の除去で治療します。
進行した場合は、歯肉の剥離掻爬術(はくりそうはじゅつ)などの手術療法を行います。
組織再生誘導法(GTR法)という歯を支える組織を再生させる手術を行う場合もあります。
歯ぎしり、悪い噛み合わせ、悪い歯並びなどは歯周炎を悪化させる原因となるので、歯周炎治療と合わせて治療を行います

●成人性歯周炎
成人性歯周炎は最も多い歯周炎で、青年期以降に起こり、ゆっくり進行していきます。
原因は歯垢(プラーク)の中の細菌になります。
歯ぎしり、悪い歯並び、タバコで進行が早くなり、歯石が大量に沈着します。
治療は徹底した口内の清掃と歯石の除去を行います。
症状に応じて、抗生物質治療や歯肉の剥離掻爬術(はくりそうはじゅつ)などの手術療法を行います。
治療が終わってもブラッシングなどを怠ると再発を繰り返します。

●思春期前歯周炎
遺伝による体質で起こる歯周炎です。
乳歯や永久歯を支える組織が急速に破壊され歯が抜け落ちてしまいます。

●若年性歯周炎
遺伝による体質や白血球の働きの低下と細菌の感染が関わって起こります。
健康な10代から20代の若者の永久歯に、急速に起こります。
治療は歯の周りの細菌を除去し、抗生物質の投与や手術により治療します。

●難治性歯周炎
難治性歯周炎は、適切な治療を受けても治らない歯周炎をいいます。
特定の細菌の感染が継続していることが原因とかんがえられています。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.