痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

象牙質知覚過敏症について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 象牙質知覚過敏症について!原因、症状、治療法
象牙質知覚過敏症は、虫歯もないのに冷水や冷空で歯に痛みを感じる病です。

スポンサーリンク


■象牙質知覚過敏症(ぞうげしつちかくかびんしょう)について

象牙質知覚過敏症(ぞうげしつちかくかびんしょう)とは、虫歯もないのに、冷たい飲み物などを飲んだ時や、冷たい空気を吸い込んだ時に歯に痛みを感じる病です。

■象牙質知覚過敏症の症状

歯の象牙質(ぞうげしつ)には象牙細管(ぞうげさいかん)という細い管がたくさんあり歯の神経である歯髄(しずい)とつながっています。
象牙細管はエナメル質や歯肉で覆われていて表面には出ていません。
この象牙細管が露出してくると冷水や冷風などの刺激が象牙細管を通じて歯髄まで伝わり痛みを感じます。

■象牙質知覚過敏症の原因

象牙細管が露出しやすい箇所は、エナメル質の厚さが少ない歯と歯茎の境目になります。
象牙細管が露出してしまう原因には、不適切な歯磨きによりエナメル質がすり減りや、歯肉が下がることになります。
横磨きを続けたことによるエナメル質のすり減りが、象牙質知覚過敏症の引き金になるこおtが多いです。
横磨きを続けると除々にエナメル質がすり減ってしまい、くさび状に歯が掘れて象牙細管が露出してしまいます。
これを楔状欠損(けつじょうけっそん)といいます。
歯肉が下がってくると象牙質が口の中に露出して痛みを感じるようになります。

■象牙質知覚過敏症の治療法

象牙質知覚過敏症の治療法としては、象牙細管を封鎖するために、薬剤塗布などを行います。
楔状欠損がある場合は虫歯の治療と同じ治療を行います。
効果が期待できないときは抜髄処置を行います。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.