痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

肺炎について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 肺炎について!原因、症状、治療法
肺炎は、細菌やウイルスなどにより肺に炎症が起こる病気。肺炎には、定型肺炎と非定型肺炎があります。

スポンサーリンク


■肺炎(はいえん)について

肺炎(はいえん)とは、細菌やウイルスなどにより肺に炎症が起こる病気です。

肺炎には、細菌による定型肺炎とウイルスや細菌以外の微生物による非定型肺炎があります。

■肺炎の症状

肺炎の症状としては、積、痰(たん)、高熱、胸痛、呼吸困難、だるさ、筋肉痛、などがあります。

カゼの症状が長引いた後に突然高熱や胸痛が起こることもあります。
高齢者には症状がはっきり現れないこともあります。

■肺炎の原因

非定型肺炎の原因としては、マイコプラズマ、肺炎クラミジアなどの微生物、インフルエンザウイルス、レジオネラ菌などがあります。

近年では、免疫の低下している入院患者が耐性黄色ブドウ球菌の院内感染により肺炎を起こすことが問題になっています。

子供や高齢者が発症すると重症化しやすくなります。

慢性疾患などにより免疫低下が起こっていると感染しあyすくなってしまいます。
誤嚥(ごえん)や口の中の細菌が気管支に中に落ち込んで発症することもあります。

ウイルス感染よりも細菌感染の方が重症となってしまいます。
肺胞の内部ではなく、壁(間質)に炎症が起きるものを間質性肺炎といいます。

■肺炎の治療法

症状が重い場合は、入院治療を行います。

呼吸困難がひどい場合は、酸素吸入を行います。

胸痛がある場合は、鎮痛薬を用いたり、抗生物質を使って治療を行うこともあります。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.