痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

気管支喘息(ぜんそく)について!原因、症状、治療法

  • HOME »
  • 気管支喘息(ぜんそく)について!原因、症状、治療法
気管支喘息(きかんしぜんそく)は、空気の通り道である気管支の内腔が細くなり呼吸困難の発作が起こる病気です。

スポンサーリンク


■気管支喘息(きかんしぜんそく)について

気管支喘息(きかんしぜんそく)とは、突発性の呼吸困難が起こる病気です。
空気の通り道である気道、気管支の内腔が細くなって喘息(ぜんめい)などの発作を繰り返します。

■気管支喘息(きかんしぜんそく)の症状

慢性的な炎症により気道が収縮し、ゼーゼー、ヒューヒューという呼吸音(喘鳴(ぜんめい))が聞こえます。
軽症の場合は、咳、痰、息苦しさですが、進行して強い呼吸困難を引き起こすこともあります。
気管支喘息は、息を吸う時よりも吐く時の方が苦しいのが特徴です。
あまりの苦しさに横になることもできず、肩であえぐように呼吸をすることもあります。
気管支喘息が悪化すると話をすることも難しくなり、血液中の酸素が不足して唇や爪が紫色になり、場合によっては失神したり、呼吸困難で亡くなることもあります。
気管支喘息の発作は比較的短かい時間で治まりますが、繰り返し起こることが特徴になっています。

■気管支喘息(きかんしぜんそく)の原因

気管支喘息の原因は、はっきりとは分かっていませんが、ハウスダスト、ダニ、ペットの毛、花粉などを吸入して発症すると考えられています。
遺伝的なアレルギー体質との関係が考えられ、アレルギー性鼻炎やアレルギー性皮膚炎の持病を持っていたり、家族内にアレルギーの病気を持っている人がいたりします。
アレルギーを起こしやすい体質の人が、ダニやカビなどのアレルゲンを吸い込むと、気道を取り巻く平滑筋(へいかつきん)が収縮して気道の内腔が狭くなり、気管支喘息の発作が生じます。
またカゼ、過労、過食、月経、ストレスが誘因となって発症することもあります。
気圧が下がると気管支喘息が起こりやすいことから、気象との関係も考えられています。
またソバやカニなどの食べ物を食べたり、解熱薬や風邪薬が原因で気管支喘息を起こすこともあります。

■気管支喘息(きかんしぜんそく)の治療法

気管支喘息の発作時には対処療法を行い、呼吸困難を緩和するために気管支拡張剤の内服や吸入、貼付けを行い、症状が重い場合はやステロイド剤を用いて治療を行います。
原因がはっきりしているときは、原因物質の除去を行います。
室内の精巣を行い、外出する時は花粉用マスクを身につけて花粉の吸入量を減らします。
ストレスなどの精神的な要因があるときは、心配や不安を取り除くようにします。
減感作療法(げんかんさりょうほう)により、アレルゲンに対する耐性を作り発作を予防する治療法もあります。
減感作療法では、発作が起こらない程度のアレルゲンを注射して、しだいに濃度と量を増やして繰り返し注射していきます。

スポンサーリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.