痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

血液の病気、血液についての健康情報

  • HOME »
  • 血液の病気、血液についての健康情報

血液を調べることにより身体の病気や異常を発見することができます。血液は全身に酸素や栄養素を運んだり、ウイルスや細菌から守ってくれたり、傷を塞いだりしてくれ、私達の生命維持にとってかかせない存在です。




■ 血液の働き!赤血球、白血球、血小板、造血幹細胞、止血

■ 血液(けつえき)について
■ 赤血球(せっけっきゅう)
■ 白血球(はっけっきゅう)
■ 血小板(けっしょうばん)
■ 造血幹細胞(ぞうけつかんさいぼう)
■ 止血のメカニズム

■ 貧血について!ビタミン欠乏性、再生不良性、溶血性

■ 貧血(ひんけつ)について
■ 鉄欠乏性貧血(てつけつぼうせいひんけつ)
■ ビタミン欠乏性貧血(ビタミンけつぼうせいひんけつ)
■ 再生不良性貧血(さいせいふりょうせいひんけつ)
■ 溶血性貧血(ようけつせいひんけつ)
■ 骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん)

■ 白血病について!急性骨髄性、急性リンパ性、慢性骨髄性、慢性リンパ性

■ 白血病(はっけつびょう)について
■ 急性骨髄性白血病(きゅうせいこつずいせいはっけつびょう)
■ 急性リンパ性白血病(きゅうせいリンパせいはっけつびょう)
■ 慢性骨髄性白血病(まんせいこつずいせいはっけつびょう)
■ 慢性リンパ性白血病(まんせいリンパせいはっけつびょう)

■ その他の血液の病気!

■ 悪性リンパ腫(あくせいリンパしゅ)
■ 多発性骨髄腫(たはつせいこつずいしゅ)
■ 出血性素因(しゅっけつせいそいん)
■ 突発性血小板減少性紫斑病
(とくはつせいけっしょうばんげんしょうせいしはんびょう)

■ 血友病(けつうゆうびょう)
■ 播種性血管内凝固症候群(はしゅせいけっかんないぎょうこしょうこうぐん)

■ 検査方法!

■ 血液検査!  病気を診断するのに最初に行う基本的な検査です
■ 骨髄検査!  血液の病気を診断するのに効果的です
■ リンパ節生検! リンパ腫の診断確定に必要な検査です
■ 細胞表面マーカー検査! 細胞の種類や起源などを知る検査方法です
■ 染色体検査!  熟練した技術や高度な知識が必要
■ 遺伝子検査!  血液や骨髄血を採取しDNAを抽出して検査を行います
■ 凝固・線溶系検査! 凝固因子の働き・線溶系の働きの異常を調べます

貧血でヘモグロビン濃度が低く酸素供給が減ると体中の組織に様々な症状がおこります。
鉄欠乏性貧血は体内の鉄不足による貧血の病気。
ビタミン欠乏性貧血は必須ビタミンと葉酸の不足による貧血の病気。
再生不良性貧血は造血幹細胞の傷害による貧血の病気。
溶血性貧血は赤血球等の異常による貧血の病気。
骨髄異形成症候群は造血幹細胞の異常による貧血の病気。
白血病とは骨髄や血液の中に未熟な白血細胞、ガン細胞が増殖した血液のガンになります。
急性白血病は遺伝子異常で癌細胞の増殖が起こる血液の病気。
急性リンパ性白血病は遺伝子異常が起こり白血病細胞が増殖する血液の病気。
慢性骨髄性白血病は造血幹細胞の染色体異常が原因で起こる血液の病気。
慢性リンパ性白血病は成熟したリンパ球の無制限の増殖が原因で起こる血液の病気。
悪性リンパ腫はリンパ系細胞の悪性の腫瘍が起こる血液の病気。
多発性骨髄腫は形質細胞が腫瘍化が起こる病気。
出血性素因は血が止まりにくい異常出血が起こる血液の病気。
突発性血小板減少性紫斑病は出血症状があらわれる血液の病気。
血友病は遺伝子の欠乏による出血性疾患が起こる血液の病気。
播種性血管内凝固症候群は全身に小さな血栓が出来る血液の病気です。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

最新健康情報

PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.