体の90%以上は毛細血管(もうさいけっかん)からなっています。
老化や病気の原因になるゴースト血管は運動不足・太り過ぎ。食べ過ぎにより起こります。
肌の老化、肩こり、冷え症、危険な病気まで様々なトラブルを引き起こすゴースト血管を改善することが大切。
運動不足で体を動かさないと毛細血管が減ってしまいます。
太り過ぎで脂肪が多くなると毛細血管まで十分な血液が届かなくなり毛細血管がゴースト血管になってしまいます。
食べ過ぎると血流が滞り毛細血管が減ってしまいます。




■毛細血管(もうさいけっかん)について

毛細血管が正常に流れていない状態が持続すると血管が無くなることもあります。
毛細血管が無くなると十分な酸素や栄養が届かなくなり、老廃物も排出されず溜まってしまいます。
体の不調を抱えている人は毛細血管が減っている場合も多くあります。
毛細血管の太さは赤血球一つ分程しかありません。
体の大切な臓器は毛細血管が取り囲んでいます。
毛細血管は大きな血管から栄養や酸素を体の隅々にまで運び、いらなくなった老廃物を戻すという役割を担っています。

■ゴースト血管について

加齢と共に毛細血管げ減っていきます。
ゴースト血管とは、本来ある毛細血管のU字の形のところが減ってしまいお化けのように無くなったかのうようになってしまった状態をいいます。
ある程度の若さがあると女性ホルモンのおかげで血流が保たれますが、ストレスや疲労、不摂生などのゴースト血管になっている人がいます。

■ゴースト血管チェック法1

・最近白髪が増えた
・目が疲れやすくなった
・目の下にクマができやすくなった
・体がむくむことが増えた
・十分睡眠をとっても疲れが抜けなくなった

一つでも当てはまればゴースト血管の可能性があります。
当てはまる数が多いほどゴースト血管の疑いが強くなります。
肝臓や腎臓の毛細血管がゴースト化すると解毒が進まず疲れが抜けにくくなります。

■ゴースト血管チェック法2

足の内側のくるぶしの下を見ます。
ここは皮膚が薄いため血管の状態が分かりやすいです。
毛細血管が正常であれば太くて青い血管が並んで見えますが、毛細血管がゴースト化していると赤紫の細い血管が浮き上がっています。

■ゴースト血管と手足の冷え

全身の血管の90%以上が毛細血管になります。
このため毛細血管がゴースト化して指先まで血液が十分に届かなくなると、栄養や酸素が不足した状態になり冷えが起こりやすくなります。



■ゴースト血管が病気の原因になる

手足にゴースト血管が増えると冷えの原因になる。
顔にゴースト血管が増えるとシミやシワの原因になる。
首や肩にゴースト血管が増えると肩こりの原因になる。
頭皮にゴースト血管が増えると薄毛・白髪の原因になる。
心臓にゴースト血管が増えると心筋梗塞の原因になる。
目にゴースト血管が増えると視力低下や白内障の原因になる。

心臓の毛細血管がゴースト血管になると栄養や酸素が足りなくなり心筋梗塞が起こりやすくなります。
ゴースト血管の周囲にはがん細胞が増殖しやすくなります。
心筋梗塞、目のクマ、冷え症、むくみ、がんなどゴースト血管は体の様々な病気を引き起こす可能性があります。

粘膜の血流が悪くなると、それを修復するために永遠に細胞分裂する修復細胞が出てきます。
それが「がん」です。
毛細血管をゴースト血管化させるような生活習慣を改善することが大切になります。

■毛細血管がゴースト血管になる原因

●運動不足がゴースト血管の原因
体を動かすためには毛細血管を通じて筋肉の隅々にまで栄養を届ける必要があります。
しかし体を動かさなくなると、体が栄養を届ける必要がないと判断してしまい毛細血管が減ってしまいます。

●太り過ぎがゴースト血管の原因
太り過ぎで付いてしまう脂肪は本来体に必要のないものですが、毛細血管はその脂肪にも伸びてしまいます。
しかし心臓から全身に送られる血液量は一定なので、余分な脂肪に血液が回ってしまい毛細血管まで十分な血液が届かなくなり、毛細血管がゴースト血管になってしまいます。

●食べ過ぎがゴースト血管の原因
食べ物を摂取すると、消化吸収するために一時的に胃や腸に血液が集中します。
そのため暴飲暴食をしたり間食をする人は、慢性的に胃や腸に血流が集中してしまいます。
その分末端の血流が滞ってしまうため毛細血管がダメージを受けやすくなります。

■ヒハツでゴースト血管の予防改善

沖縄で古くから親しまれ、ソーキソバなどに使われる島コショウやロングペッパーと呼ばれる香辛料は、ヒハツなどを原料として作られています。
ヒハツは紀元前400年頃にギリシャのヒポクラテスがその薬効に注目したといわれています。
インドの伝統医学アーユルヴェーダでは冷えを取り長寿を促す薬として使用されています。
粉末にしたヒハツを様々な料理に少し足して摂ると良いそうです。
ヒハツの摂取の目安は1日に小さじ半分ほど(約1g)。

■つま先の上げ下げ運動でゴースト血管の予防改善

つま先を上げたり下げたりする運動を行うと、下半身の筋肉のポンプを強くするので血流が良くなりゴースト血管の予防改善につながります。

■葉酸で血管若返り、葉酸で脳の若返り!ホモシステインを無害化、認知症予防

■ふくらはぎで病気予防!若返りふくらはぎマッサージ

■血管の老化と動脈硬化!血管を若返らせる体操・ポイント、血管年齢、PWV検査

■血液と血管の健康!脂肪処理能力、動脈硬化、腹式呼吸で血管をしなやかにする