痛み・病気対策では、痛みや病気に関する情報をご紹介。知っていて良かったという健康情報をご紹介!

子宮内膜症について!治療法は薬物療法と手術療法

  • HOME »
  • 子宮内膜症について!治療法は薬物療法と手術療法
子宮内膜症で癒着が進行すると生理時期でもないのに下腹部や腰が痛んだり、セックスの時に痛みを生じます。




■子宮内膜症について

子宮の内膜は、女性ホルモンの影響で毎月増殖し剥がれ落ちて生理に出血として体外に排出します。
子宮の内膜の組織が他の場所にできてしまうのが子宮内膜症という病です。
増殖した内膜組織も毎月剥がれ落ちます。
しかし子宮内膜と違い出口がないためお腹に溜まってしまい、周りの臓器とくっついて様々な症状があらわれます。

■内膜症が出やすい場所

・大腸
・子宮体外
・膀胱
・外陰部
・卵管
・直腸
・卵巣
・ダグラス窩

■子宮内膜症の症状

・ひどい生理痛
・肛門の奥が痛い
・排便時に痛みがある
・セックス時に痛みがある

子宮内膜症になると生理痛がだんだんひどくなり、下腹部に痛みがあらわれます。
生理痛は除々に悪化し、腰痛も起き、吐き気や下痢なども起きる場合もあります。
癒着が進行すると生理時期でもないのに下腹部や腰が痛んだり、セックスの時に痛みを生じます。
不妊症の原因にもなり、2~4割は子宮内膜症の影響があるともされています。

■子宮内膜症の検査

子宮内膜症は診断が難しく、重要なのは内診になります。
超音波検査で卵巣の様子をみます。 腫瘍マーカーやMRI、血液検査で詳しく調べることもあります。
それでもよく分からない場合は、腹腔鏡等でお腹の中を直接見ることもあります。

■子宮内膜症の治療

子宮内膜症の治療は、症状が軽度であれば鎮痛剤などを服用して経過をみます。

●ホルモン療法
薬で生理を一定期間止めて閉経と同じ状態にして筋腫を小さくします。
皮下注射や点鼻薬で卵胞ホルモンの働きを抑えます。
副作用で、のぼせ、イライラ、頭痛などの更年期障害の症状がでることがあります。

●対症療法
それぞれの症状に合わせ、過多月経や貧血などの症状を軽減します。
貧血を改善する薬、生理痛を緩和する薬、ホルモンをコントロールし出血を少なくする薬、
症状を緩和する漢方薬などを使い分けます。

■手術療法

●保存手術
病巣だけを取り除きます。

●摘出手術
のう腫がある方の卵巣と子宮を取り除きます。
卵巣と子宮を全部取り除きます。



  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 痛み・病気対策! All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.